【悲報】スパイダーマンに憧れた少年3人、“毒グモ”に噛んでもらい病院へ搬送される・・・

スポンサーリンク

スパイダーマンになりたい!子供3人がクモで「あること」をして救急搬送される

スポンサーリンク

マーベルコミックスのスパイダーマンに憧れた少年3人が、猛毒を持つブラックウィドウ(クロゴケグモ)でしたことが、大人たちをぞっとさせている。

スポンサーリンク

スパイダーマンになれるかもと思った子供たち
マーベルコミックスのスーパーヒーローであるスパイダーマンといえば、これまでにトビー・マグワイア、アンドリュー・ガーフィールド、そしてトム・ホランドが演じてきた。初めて登場した当時はヒーローとして比較的若く、スパイダーマンのピーター・ベンジャミン・パーカーはティーンエイジャーということも特徴のひとつだった。自分たちと年が近いヒーローに、子供たちが憧れてしまうのも無理はないかもしれない。しかし、身近に子供がいる大人にしてみると、恐怖の出来事がボリビアで起こった。

スポンサーリンク

ボリビアの小さな村チャヤンタに住む3人の兄弟は、8歳と10歳、そして12歳。彼らは羊の面倒を見ていた時に、ブラックウィドウの通称で知られるクロゴケグモを発見したそう。そこで、こんなことを思いついてしまう。

クモに噛まれれば、スパイダーマンになれるかも?

スポンサーリンク

クモに噛まれたあとに様々な症状
スパイダーマンの主役ピーターがその能力を得たのは、高校生の時に訪れた研究所でクモに噛まれたことが由来。それを知っていた少年たちは、棒を使ってクモを挑発したという。猛毒を持つクロゴケグモは攻撃的な種ではないけれど、危機を感じた時には狂暴になることがある。

スポンサーリンク

この出来事を報告した厚生労働省の疫学部門、ピエトロ所長によると、少年たちはクモに噛まれたあとすぐに、筋肉の痛み、汗や熱、震えの症状に見舞われたという。地域の保健センターで薬を与えられた兄弟だったけれど、症状は悪くなるばかりで、その後近くの病院へ搬送。しかしそこでも回復せず、都市部の小児病院で血清を用いた治療をほどこされ、5日後に無事回復して退院したそう。

スポンサーリンク

ピエトロ所長は大人たちに、「子供達にはとっては、すべては現実のものなのです。映画は現実。夢も現実になりうる。そして、私達にとっては子供たちが希望なのです」と、子供たちへの指導に十分注意するよう呼びかけた。

https://front-row.jp/_ct/17365574

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

ワイも子供の頃「かめはめ波」の練習してたし、この子供らのこと笑えんけどな…😅😅😅

コメント