sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

ゲーム機破壊の高嶋ちさ子 過去にも子供の日記や宿題を破いたり、長男の運動会でキレまくったり

   

ゲーム機破壊の高嶋ちさ子 過去にも子供の日記や宿題を破いたり、長男の運動会でキレまくったり

ゲーム機破壊の高嶋ちさ子 過去にも子どもの物を破壊していた 感情を抑え切れずブチギレること多々

ヴァイオリニストの高嶋ちさ子が子どものゲーム機を破壊していたとして炎上していたが、実は過去にも似たようなことを行っていたことが判明。それは2014年8月25日のTwitterに書かれているもので、子どもの日記と宿題を破ったと書かれている。ツイート全文は次の通り。

“昨日キレて破った子供の日記と宿題。私が破いたから、私に修復の義務があるのか、破く気持ちにさせた息子が修復すべきか…。悩みつつカルメンさらう私。”

高嶋ちさ子さんがキレて子どもの日記と宿題を破ってしまったようだ。子どもか自分、どっちがこれを修復すべきかとツイートしているのだが、そもそもこんな内容をツイートできること自体がおかしい。実にバイオレンスな内容である。

先ほどのツイート日の前日である8月24日は高嶋ちさ子さんの誕生日で、そのツイートによると「せっかくの誕生日。バカな息子達を怒鳴り続け、それでも言うことを聞かないので9月に家出をする決心をした。『もうママには会えなくなるけど、元気でね』と言ったら『うん』だって。おかしいだろ。その受け答え。『行かないで』とか言えないのか?」と投稿している。この際に日記や宿題を破ったのだろう。

9月の運動会での徒競走の際、長男が3位になっただけでキレまくったりと、感情を抑えられないときがあるようだ。このほかにも過去に過激なツイートを行ってきた高嶋ちさ子さん。ゲーム機の破壊もこれらの一環であり、こうしたことをネットや新聞に平気で掲載し、あたかも“自分が正しい”と思っているのだろう。

http://gogotsu.com/archives/15699

子供になんか恨みでもあるのかと思ってしまう(´・ω・`)

 - Twitter・SNS, 芸能