sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

亀田3兄弟 JBCに損害賠償訴訟 6億6千万円要求

   

亀田3兄弟 JBCに損害賠償訴訟 6億6千万円要求

亀田3兄弟がJBCに損害賠償訴訟

ボクシングの亀田プロモーションと亀田興毅氏ら「亀田3兄弟」の代理人、北村晴男弁護士が23日、都内で、1月14日付で日本ボクシングコミッション(JBC)と同理事に対し6億6千万円の損害賠償を求め提訴した件などについて会見した。

北村弁護士によると、JBCから日本におけるボクサーとしての活動の場を奪われ失われた興行収益、ファイトマネーの相当額という。

現在係争中である亀田ジム会長、マネジャーのライセンスはく奪処分の棄却請求ともリンクするが「他のジムに移籍したり、他の会長を立てたり、亀田3兄弟は復帰に向け努力したが、JBCは3兄弟を拒否してきた」と説明した。

JBCの浦谷信彰統括本部長は「訴状は届いていますが、今日のところはノーコメントです」と話した。

また、2013年に行われた亀田大毅の世界戦を巡る「監禁、どう喝」の名誉棄損の反訴は2月に判決が確定し、JBC職員と、フリーライターに対し、それぞれ320万円、300万円を支払うことで決着した件について、亀田興毅氏がコメントした。

「この度、一連の裁判における判決が確定し、真実が明らかになったことに一安心しております。

この『名誉毀損訴訟』の裁判が始まり、約2年という長い月日が経過しましたが、その間多くの方々にご心配をおかけしました。また、正直、亀田家はこの裁判で、直接的にも間接的にも多くの悪影響がありました。しかし、そのような状況でも多くの方々からの温かい励ましや応援をいただきましたことに深く感謝いたします。本当にありがとうございました。

私はこの裁判中に現役を引退することになりましたが、弟の和毅は今も現役の選手として戦っております。和毅は応援していただいている方々のご期待に応えられるよう日々練習に励んでおります。自分も和毅をしっかり支えていきたいと思っています。

そして、自分たちはこれからも前を向いて、まさに亀の如く力強く進んで行きたいと思います」

http://www.daily.co.jp/newsflash/ring/2016/02/23/0008830657.shtml

 - スポーツ