【画像】ZOZO前澤・剛力邸工事が5年経っても終わらないと周辺住民が苦言

剛力彩芽がZOZO前澤社長と住む豪邸工事に苦情トラブル

「もう5年以上も工事が続いているのに、さらに工期が1年延びるというんですよ」

千葉市内の閑静な高級住宅街。その一角で、巨大な工事用の仮囲いの中にそびえたつのは、ZOZO・前澤友作社長(43)の「総工費100億円」ともいわれる大豪邸だ。その工事をめぐって、近隣住民から不満の声が上がっているという。

「今は外壁を壊して作り直しているようです。おまけに、前澤邸の周囲だけ、電線を地中に埋めるという話を、4月に開催された自治会の総会で初めて知らされました。

『なぜ前澤さんの家のまわりだけ!』という声が住民から噴出し、5月に工事責任者から住民への説明会が開催されたんです」(住民・Aさん)

電線は前澤邸2階からの景観には、邪魔でしかない。「ならば埋めてしまえ」ということか。千葉市役所はこう話す。

「この工事は、要請者が個人でやっていることです」

すなわち、前澤社長が自ら工費を負担しているということ。なんと豪気な--。そして5月19日に開催された住民説明会では、次々と手厳しい声が上がった。

「最初、工事は2年で終わるという話だった。それがいつまでたっても終わらないうえに、今度は電線工事まで……。周辺住民の気持ちも考えてほしい」(参加者)

説明会に出てきた工事責任者自身、前澤社長の意向に翻弄されている様子をにじませていたという。

「新築としての工事は、もう終わっているんです。まだ住んでもいないうちから、材料を変えたい、色を変えたいというご要望があって、今は改修工事に入っているんです」

この邸宅は都心とのアクセスの悪さから、別荘にするのではないかという説もあったが、説明会では「前澤邸です。お2人が住みます」と明言された。言うまでもなく、熱愛が囁かれている2人--前澤社長と女優の剛力彩芽(26)のことだ。

「ここの工事はとにかく秘密主義で、いつ完成するのかもわからないんです」と、前出のAさん。近隣住民による前澤社長への苦言は、これだけにとどまらない。Bさんが憤る。

「夜勤明けに帰宅して寝ようとしても、工事の音が気になって寝つけない。1年程度ならまだ我慢できるが、ここまで長引くとつらい……」

さらに、自宅の工事以外にも疑問の声が上がった。

「前澤氏が駅前に設置した『LOVE』というオブジェの置き場所は、草が伸び放題。きちんと管理してほしいという手紙も本人宛に書きましたが、返事はありません」(Cさん)

ZOZOの広報に問い合わせると、「地域の方々からさまざまなご意見やアドバイスをいただいており、前澤個人にも共有しております」とのこと。

自宅建設については、前澤社長個人の活動としながらも、「近隣の自治会の皆様と連携を取り、ご理解をいただきながら、地域の発展と繁栄に貢献できるように積極的に交流や活動をおこなっていきたい」との回答だった。

工事が長引く背景には、以前の恋人であるモデルの紗栄子(32)との破局がある。

「もとは、紗栄子と一緒に住むつもりで内装にもこだわっていたのに、今は『めごっち仕様』に大慌てで改装しているんです」(芸能記者)

スポーツ紙記者によると、「剛力と前澤社長の交際は順調」とのこと。ただし熱愛に溺れるあまり、剛力は仕事が激減しているという。

「収入も大幅にダウン。本人も目が覚めたのでしょう、最近は少しずつ公の場に出てくる機会も増え、秋のドラマには二番手、三番手で出演すると聞いています」

長引く工事も、2人の結婚も、なかなか「ゴール」は見えてこないようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190709-00010000-flash-ent

 

sakamobi
sakamobi

>もとは、紗栄子と一緒に住むつもりで内装にもこだわっていたのに、今は『めごっち仕様』に大慌てで改装しているんです

女が変わるたびに内装を変更してるんじゃ、いつまで経っても完成しないわけだ😂😂😂

 

コメント