【虐待】全身ヤケドの3歳娘をラップに包み放置しパチンコへ…5歳長男が近所に助け求め発覚

全身にやけどの3歳女児を家に放置容疑 母と同居男を逮捕 神奈川県警

大やけどを負った3歳の女児を家に放置したとして、神奈川県警は5日、母親で横浜市鶴見区梶山2、無職、橋本佳歩容疑者(22)と同居の自称運転手、田中聡容疑者(21)を保護責任者遺棄の疑いで逮捕した。県警鶴見署によると2人は容疑を認めているという。

逮捕容疑は4日正午ごろ、自宅で背中を中心に大やけどを負った長女(3)を病院に連れて行って治療させることなく、放置したとしている。橋本容疑者は「シャワーの際に誤って熱湯をかけてしまった」と供述。女児の背中から腰にかけてラップが巻かれていたという。やけどは3カ月以上の入院を必要とする状態だった。

鶴見署によると、両容疑者は5歳の長男、けがをした長女の4人で暮らしていた。長男が4日午後、近所の住民に「お母さんがいない」と相談し、この住民が警察に通報。警察官が家に行くと、意識がもうろうとした状態の女児が横たわっていた。両容疑者は不在について「2人でパチンコに行っていた」と話しているという。

https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0305/mai_190305_0578984536.html

長男「お母さんに会いたい」 長女やけど放置発覚の経緯

横浜市鶴見区で5日、やけどを負った長女を放置していたとして、保護責任者遺棄容疑で母親と同居の男が逮捕された事件では、近所の男性に長男(5)が助けを求めたことが発覚につながった。同日、男性が産経新聞の取材に応じ「『お母さんに会いたい』と助けを求められ、手を強く握られながら家まで一緒に行った」などと、事件発覚前の長男らの様子を証言した。

長男から助けを求められたのは、近くの自動車修理工場の増渕拡昌さん(49)。4日午後4時半ごろ、雨が降りしきる中、作業中の増渕さんのもとに、パジャマ姿で雨にぬれた長男が飛び込んできた。増渕さんに対し「お母さんに会いたい」と話してきたため、「おじさんが家まで連れて行ってあげる」と家まで同行した。

道中、長男は増渕さんの手を強く握り、引っ張るようにして徒歩約3分ほど先の家まで向かった。家に到着すると、長男は「家に入りたくない」とおびえたような様子を見せると「妹がいるの」「皮がむけてる」と続けた。ことの重大を認識し「放っておくわけにはいかない」と鶴見署に連絡。橋本佳歩容疑者(22)らは不在だった。

その後、警察官や救急隊員らが到着。隊員らの会話から、長女が大けがを負っていたことが聞き取れた。「服が(肌に)くっついている」「重度熱傷」…。長女は銀紙に包まれ、病院に搬送された。

増渕さんは長男の行動について「必死の様子だった。妹を何とかしてほしかったんだろう。とにかく大人に来てほしかったんだろうと思う」と振り返る。長女の様子については「発見が遅くなったら亡くなってしまっていたかもしれない」と神妙な面持ちで話した。

https://www.sankei.com/affairs/news/190305/afr1903050034-n1.html

 

sakamobi
sakamobi

>近所の男性に長男(5)が助けを求めたことが発覚につながった。

 

お兄ちゃん頑張ったな…( ;∀;)

 

コメント