【九死に一生】鍋に入れられ調理される直前の『ザリガニ』さん、ハサミを自分で切り鍋に入れた結果 → 死を免れる

【九死に一生】鍋に入れられ調理される直前の『ザリガニ』さん、ハサミを自分で切り鍋に入れた結果 → 死を免れる

これから調理し食べようとしていた『ザリガニ』の意外な行動に心を動かされる

海外メディアによると、台湾のレストランで食材に使われていた『アメリカザリガニ』が熱々の鍋に投入される直前に、自身の左のハサミを自分で切り落とし鍋に入れる様子が撮影され話題となっている。

この鍋を食べようとしていたお客さんはこのザリガニの行動に動揺。可哀想に思いその後自宅の水槽で飼育することにしたそうだ。

中国のソーシャルメディアサイト「Weibo」に投稿されたこの動画。まるでザリガニがハサミをやるから命だけはお助けを。と言っているようだとして台湾、中国のみならず世界中で話題となっている。

この動画を撮影されたのはJiukeという方で、彼はこのザリガニの生き残ろうとする行動に心を動かされ、現在では自宅に水槽を立ち上げてそこで飼育しているとのことだ。

ザリガニは外敵などに襲われた際、自身のハサミを自分で切り落とす『自切』という行為を行うことで知られている。おそらく、今回のザリガニも熱々の鍋に対し命の危険を感じ自切を行った可能性が高い。

通常であれば、鍋に対して自切を行うことは全くの無駄であるのだが、予想外だったのはお客さんの男性の心を動かすことができたこと。まさに九死に一生とはこのことだろう。

404 Not Found | このページは存在しないか、すでに削除されています

 

これはかわいそう…( ;∀;)

コメント