sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

「座間9人殺し」アパート、現在も人気・・・退去者ゼロに入居希望者も

   

「座間9人殺し」アパート、現在も人気・・・退去者ゼロに入居希望者も

 9人が解体された一室を持つアパート――。失礼ながら、完全なる「事故物件」、住民がいなくなってもオカシクないところ、「座間9人殺し」のそれは、退去者はゼロ、そして入居希望者までいるのだという。奇怪な人気の、そのワケは。

そのアパートは、小田急線相武台前駅から徒歩10分程の線路沿いにある。築30年、2階建てで、4坪前後のワンルームが1F、2Fに6部屋ずつ並んでいる。白石隆浩の部屋は2F中ほどの一室であった。

ようやく警察の規制が解かれ、12月14日には「慰霊祭」が行われたこの現場、

「事件後に出て行った人は今のところいませんよ」

と述べるのは、当の管理会社の社長である。

「ゴースト化したらホントのお化け屋敷になっちゃうんだけどね……。今の空室は1室。事件前から空いていた2階の部屋だけです。イタズラの連絡が来てもやだなと思って、一般には募集をかけていないんだけど、どこで調べたのか、問い合わせがいっぱい来るんですよ。まあ大半は冷やかしで“内見させてくれ”というもの。でも“安いですね”と本気の人も2〜3人はいて、具体的に話は進んでいますよ」

と言うから、驚きである。

もっとも、12室の家賃は、管理費を合わせ、それぞれ2万2000円から2万5000円程度。周辺の同様の物件の相場から見て、それほど安いとは言えない。そこで、「住み続ける理由」を、2Fに住む男性住民に伺ってみると、

「そりゃもちろん気持ち悪いんでね。引っ越そうといろいろ探したんですけど、忙しいですし、あまり良い物件もないし……。週末実家に帰るので、ここからのアクセスが良いんですよ。やっぱり引っ越すのは面倒くさいんでね……」

続けて、

「事件の後、家賃も下げてもらいました。2万5000円だったのが2万2000円になりましたよ」

と仰るから、逆にその“たくましさ”に恐れ入ってしまうというワケなのだ。

先の社長によれば、白石の部屋は、

「これまで家賃は彼の口座から引き落とせていたけど、12月分は残金が足りなくて無理だった。緊急連絡先の親父さんの携帯に電話しても繋がらないし……。これからどうすんのって感じ」

仮に契約解除となれば、この部屋も「募集中」となるのか。さて、その時の「入居希望者」はどれほど……。

https://www.dailyshincho.jp/article/2018/01130558/?all=1

普通に考えれば気持ち悪いけど、ここ元々異常に家賃が安いし普通の家賃のところには住めないって人が「そんなの気にしてられない」って感じで住んでるんだろうね(;・∀・)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット