sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

仮想通貨取引所Zaifを運営するテックビューロの所在地

   

仮想通貨取引所Zaifを運営するテックビューロの所在地

仮想通貨取引所「本店」に看板も表札もなく…運営実態不透明、金融業の信頼は?

コインチェックの巨額流出で問題化している仮想通貨取引所は、運営実態に不透明な部分が多い。金融庁に登録する取引所は全国で16社、関西では大阪府内に3社あるが、2社は同庁が開示する本店所在地に本社・本店の機能があるとは言いがたい状況だ。

所在地はシェアスペース

国内取引所大手の一角を占めるテックビューロは、所在地が大阪市西区西本町となっている。ただ、その場所は複数社で共同利用する賃貸のシェアスペースで、運営業者のウェブサイトによると各室の面積は5・5~33平方メートル。現地にテックビューロ社の看板や表札はなく、受け付けの女性は「看板は出さないように指示されている」と話す。

フィスコ仮想通貨取引所は登記上の本店を大阪府岸和田市に置き、金融庁は近畿財務局の所管としている。ただ、運営は東京都港区のオフィスで行っており、連絡先の電話番号も東京の局番だ。

金融庁は意図的に緩く…

銀行や証券会社では決して許されない運営体制が容認されるのは、金融庁が仮想通貨業界の成長を阻害しないよう、監督体制を意図的に緩くしてきたからだ。銀行や証券会社は免許制で、厳格な運営・管理を求めるのに対し、仮想通貨取引所は登録制で、一定の要件を満たせば参入できる。ただ、運営体制の不透明さは、金融業への信頼を損ないかねない。

ニッセイ基礎研究所の小林雅史上席研究員は「複数ある業界団体が協力して自主規制ルールを作るなど、(制度の不足分の)整備に取り組んで透明性を高める必要がある」と指摘する。

http://www.sankei.com/west/news/180202/wst1802020004-n1.html

所在地に拘るのは古臭い考え方だと思うけど、一応客から金預かってるわけだからセキュリティの確保できるオフィスは必要よね(;・∀・)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット