sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

高畑裕太が年内復帰か?高畑淳子の執念がヤバすぎる

      2017/12/04

高畑裕太が年内復帰か?高畑淳子の執念がヤバすぎる

高畑裕太が年内復帰か? 高畑淳子の執念の画策と、事件に対する“本音”とは?

高畑裕太が強姦致傷容疑(不起訴)で逮捕されてから8月で1年。母親の高畑淳子が報道陣の前で口を開き、息子を巡る報道に文句を付けた。相変わらず親バカぶりを発揮している淳子は、いよいよ愛する息子の再起に向けて、動き出しているという。引き篭もり生活の裕太は母の口利きで芸能界に再び帰ってくることになりそうだ。

高畑は7月に主演舞台「土佐堀川」のポスター撮影を公開、報道陣の取材に応じた。そこで高畑の口から飛び出したのは事件を起こした息子に対する報道へのイチャモンだ。「たくさんの方にご迷惑をかけたことを申し訳なく思っています 」としつつすぐさま「事実でない報道をご修正にならないことに疑問を感じたり致しております」と不満をぶつけた。

高畑がもっとも不満に思っているだろう報道が、昨年10月に「週刊現代」が報じた「被害者女性告白」という記事であることは確実だ。裕太と女性の間ではすでに示談が成立していたが、記事の中で女性はレイプされたとして、あの夜にあったことを赤裸々に告白している。高畑は「無かったことは無かったんだと、毎晩2時間くらい心の中で“1人記者会見”をしてます」などと報道陣にブチまけたが、具体的に「事実でない報道」については何も説明しておらず、これでは誰の賛同も得られないだろう。

芸能プロ関係者は「高畑淳子は裕太は完全に無罪で、女性とは無理矢理ではなく合意があったと信じている。それどころか、女性にハメられたとすら感じている。だからこそ、息子が犯罪者扱いされることが許せないのです。もう黙っておけばいいのに、積もりに積もった不満をマスコミにぶつけないではいられなかった」

現在、裕太は家に引き篭もってゲームに興じる生活を送っている。客観的に見ると芸能活動は絶望的な状態となっているが、事件から1年が経ち、いよいよ高畑は息子の復帰を画策しているという。

「いつまでも家に引き篭もっているわけにもいかないので、高畑は息子に外で活躍する場を作ろうと周囲に働きかけています。さすがにテレビは厳しいので、舞台での復活が濃厚です。中でも高畑が取締役であり、大きな影響力を持っている劇団青年座での復帰が有力視されています。また俳優として厳しい場合も考えて、青年座の裏方として働くという話もあります」と舞台関係者。

高畑としては罪の無い愛する息子が、社会で活躍する場所を奪われることは許せないという思いが強く、息子を全面サポートするつもりだ。「事件から1年が経って禊も済んだということで、年内にも復帰は実現しそうです」と前出関係者。母の執念は実るか?

http://tocana.jp/2017/07/post_13969_entry.html

釈放された時の目つきが忘れられない

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット, 芸能