メディア「雪道はペンギンのように歩きましょう」僕「ほうほう」調べてみた結果 → 僕「ムリだろこれ・・・」

メディア「雪道はペンギンのように歩きましょう」僕「ほうほう」調べてみた結果 → 僕「ムリだろこれ・・・」

「雪道はペンギンのように歩きましょう」とのことですが、ではここで、ペンギンの足の構造を見てみましょう。

「雪道はペンギンのように歩きましょう」。最近、東京で大雪が降ったためメディアなどでこのような雪道の安全な歩き方を説明されていることが多いですね。

歩幅を小さくして歩くことで転倒のリスクが減るとのことですが、では実際にペンギンはどのように歩いているんだろう?

東京都立の動物園水族館公式サイトのTwitterアカウント東京ズーネット[公式]‏@TokyoZooNet_PRでそのペンギンの足の構造を紹介し話題となっています。

_人人人人人人人人人人人人人_
> つま先立ちのままスクワット <
 ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄

どうやらペンギンは足を伸ばして歩いていたのではなく、人間に例えると『つま先立ちのままスクワット』の状態で歩いていたのですね。

この事実にネット上では、
雪道はペンギンの真似して歩いてみましょう。

無理ゲー

雪道のペンギン歩きは苦行だな(笑)

すごいぜペンギン。家に帰ったら私もやってみよう。

つま先立ちでスクワットの体勢で歩いてみたら確かにペンギンみたいにしか歩けないwww

ペンギンなめたらあかん
といったコメントが。

もし人間が雪道でペンギンの歩きを忠実に再現した場合、転んでしまう可能性が高いのでやめた方がいいかもしれませんね。

404 Not Found | このページは存在しないか、すでに削除されています

(´・∀・`)ヘー

コメント