sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

【悲報】吉澤ひとみの夫が「毎日キッチンで酒を飲んでいた」と供述

   

酒気帯び運転でひき逃げをしたとして、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反の罪で起訴された元モーニング娘。の吉澤(本名・川前)ひとみ被告(33)の初公判が29日、東京地裁で開かれた。起訴事実を認めた吉澤被告は「一人の人間として考えが甘かった」と謝罪し、涙。二度と運転しないことは誓ったが、夫の証言で毎日台所で飲酒していたことや事件後も断酒していないことが明らかになった。検察側は懲役2年を求刑。30日に判決が言い渡される。

元人気アイドルは、グレーのジャケットにひざ丈のスカート姿で出廷した。逮捕時から茶色だった髪は黒く染められ、すっぴんに近い薄化粧の顔はやせこけていた。

佐藤卓生裁判官から裁判資料の記載内容を確認された吉澤被告は、「職業のみ違います」とぽつり。「無職ですか?」の問いに「はい」と答え、保釈翌日の9月28日に引退してタレントではなくなったことを強調した。起訴事実については「間違いありません」と消え入りそうな声で認めた。

結婚指輪をはめた左手で右手を覆い、視線を落としたまま冒頭陳述を聞いていたが、嘆願書が弁護人から代読されると表情が一変した。

引退まで所属していた元芸能事務所社長から「一人の友人として、人生の先輩として、何かあれば協力する」と温かい言葉が寄せられると、涙腺が決壊。大粒の涙が顎からしたたり落ち、何度もはなをすすった。

吉澤被告は9月6日午前7時頃、酒気帯びの状態で車を運転し、東京・中野の路上で男女2人をはね、そのまま逃走。事故前日の5日午後8時すぎから当日午前0時頃まで缶酎ハイ3本と焼酎のソーダ割2杯を飲んでいた。

ドライブレコーダーの鑑定から事故当時は時速86キロ(法定速度は60キロ)で走行していたと特定され、現場から約5キロ離れた練馬区役所から夫にLINEで連絡。110番通報することをうながされたという。

弁護人質問では、逮捕時に焼酎の話をしなかった理由について「その場で頭に浮かんだのは缶酎ハイ3本だったから」と説明。逃走したのは「気が動転してパニック状態になったから」と話した。被害者には慰謝料などを支払い示談が成立したが、女性の顔には傷が残ったという。

当時の飲酒量について問われると、「飲んでしまったことを後悔しています」とざんげし、「酒が残った状態で車を運転してしまったこと」が事故の最大原因と話した。

事故車は今後処分し、9年間失効された運転免許証の再取得はせず、車に乗らないと誓った。

一方、アルコールへの依存も浮き彫りに。2015年に結婚したIT企業経営者の夫は、事故後に「毎日キッチンで酒を飲んでいた」と供述しており、家庭で飲酒を繰り返すキッチンドリンカーであることが判明した。

この日、被告の両親とみられる2人と傍聴席で妻を見守り、証人として出廷した夫は、検察官から事故後の飲酒状況を聞かれ、「急激に減っています」と証言。「全く飲んでいないわけではない?」の問いに「そうです」と続け、長男(2)の母でもある被告が断酒していないことが明らかになった。

今回と昨年9月の2件の交通事故以外に3件の違反歴があることも判明。その一つは今回の事故の5カ月前で、悪質な印象も際立った。

最後に裁判官から「自覚の足りなさをどう乗り越えるのか。決意はあるか」と問われた吉澤被告は「被害者の方に十分に謝罪し…日頃の生活の…」としどろもどろ。「今回起こしたことを一生忘れずに過ごしたい」と振りしぼった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181130-00000033-sanspo-ent

 

キッチンドランカーか…料理しながら酒飲み始めるのはアル中の始まりらしいからな(;・∀・)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット, 芸能