sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

吉澤ひとみ被告に懲役2年 執行猶予5年の判決「裁判官の説諭に小さくうなずく」

   

酒気帯び運転でひき逃げをした罪などに問われた「モーニング娘。」の元メンバー、吉澤ひとみ被告に対し、東京地方裁判所は、「犯行は悪質だが、深く反省している」として、懲役2年、執行猶予5年の判決を言い渡しました。

「モーニング娘。」の元メンバーの吉澤ひとみ(本名 川前ひとみ)被告(33)は、ことし9月、東京・中野区で酒気帯びの状態で時速86キロで車を運転し、赤信号を無視したうえ、横断歩道を渡っていた男女2人をはねてけがをさせ、そのまま逃げたとして、ひき逃げなどの罪に問われました。

被告は29日の初公判で起訴された内容を認め、「酒を飲んでしまったことを深く反省しています。被害者の方に本当に申し訳なく思っています」と謝罪していました。

30日の判決で、東京地方裁判所の佐藤卓生裁判官は、「2人にけがを負わせたあと、救護せずに走り去るなど、犯行は悪質で、責任は重い」と指摘しました。
一方で、「被害者への謝罪に努め、深く反省し後悔していることを踏まえると、刑の執行を猶予すべきだ。反省を深める時間がさらに必要で、執行猶予の期間は通常よりも長くすべきだ」として、懲役2年、執行猶予5年を言い渡しました。

被告は白いシャツとグレーのスーツを着て法廷に入りました。
裁判官から証言台の前に立つように言われると小さな声で「はい」と答えて硬い表情で立ちました。
判決の主文が言い渡された時にはまっすぐに裁判官のほうを見ていました。

判決の言い渡しの後、裁判官が「再び過ちを犯して裁判を受けることがないよう、生活を送ってほしい」と諭すと、被告は小さくうなずき、裁判官に頭を下げてから法廷をあとにしました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181130/k10011729161000.html

 

芸能界も引退したんだし、今後は静かに反省の日々を過ごしてもらいたい。家族をこれ以上悲しませないように。。

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット, 芸能