ノブコブ吉村「なにが華やかな世界だ…」 芸能界の“現状”を嘆く

 

View this post on Instagram

 

これが現状です 学園祭の帰り道 電車の席が取れず 車両と車両の間に ゴミ箱とトイレの 前しか空いておらず そこに陣取る事に ここから約90分… さっきまでスポットライト浴びて キャーキャー言われてたのに 慣れた手つきでシャーシャー 色紙にカッコつけたサイン書いてたのに なにが破天荒だ なにがタレントだ なにが華やかな世界だ… 同席の斎藤さんはクロスワードを始めた さらに独り言をぶつぶつ言ってる もう我々は末期です 朝から稼働して もう もう もう #車両 #東南アジアの電車 #トレンディーエンジェル #最後の写真は #我々がまだはしゃいでた頃の #メガネ一撃で #斎藤さんが #c3po #になった姿 #ジョージルーカス #もびっくり

吉村 崇さん(@hnkyoshimura)がシェアした投稿 –

 お笑いコンビ、平成ノブシコブシの吉村崇(38)が28日、自身のインスタグラムを更新。「なにが華やかな世界だ…」と芸能界の“現状”を嘆いた。

吉村は「これが現状です」と電車移動中の写真を公開。そこにはお笑いコンビ、トレンディエンジェルの斎藤司(39)とともにぐったりとした様子で床に座り込んでいる姿があり、吉村は「学園祭の帰り道 電車の席が取れず 車両と車両の間に ゴミ箱とトイレの前しか空いておらず そこに陣取る事に ここから約90分…」と説明。

「さっきまでスポットライト浴びてキャーキャー言われてたのに 慣れた手つきでシャーシャー色紙にカッコつけたサイン書いてたのに なにが破天荒だ なにがタレントだ なにが華やかな世界だ…」と嘆き、「同席の斎藤さんはクロスワードを始めた さらに独り言をぶつぶつ言ってる」と斎藤の様子も報告。「もう我々は末期です 朝から稼働して もう もう もう」と最後まで悲壮感たっぷりだった。

302 Found

 

お疲れちゃん…(;´Д`)

コメント