友近、吉本ギャラ詳細は社員に聞くも「絶対言ってはいけないことになっている」と言われる

友近、吉本ギャラ詳細は「絶対言ってはいけない…」 社員に聞くも箝口令?

お笑いタレントの友近が23日、TBS・CBC系「ゴゴスマ~GoGo Smile」で、吉本興業のギャラの配分について言及。いくらのギャラなのかを社員に聞いても「それは絶対に言ってはいけないことになってます」と言われることを明かし、麻木久仁子ら出演者を驚かせた。

番組では生出演した友近が岡本昭彦社長の会見などについて持論を展開。その中で、加藤浩次が、経営陣が刷新されなければ退社も辞さない姿勢を見せたことに「その気持ちはすごくよく分かります」と同意。「上が変わらないと会社は変わらないと思ってます」「早く変わったぞというのを見せて欲しい。私達に話してくれてないことが多いので」とも語った。

“話してくれないこと”の一例として、友近はギャラについて言及。会見で岡本社長は「5対5、6対4」などと語っていたが「私達はまだ(芸人対会社の割合が)1対9、2対8、3対7という認識。でも5・5と聞いてええ?そんなことないでしょうと」と、会社側と芸人側の実感が違いすぎると指摘。

「でも100パー(違う)とは言えないんです。なぜなら局からいくらもらってというのを(明細で)見ていないから」ともコメントし「他の事務所みたいに、会社にこれだけタレントにこれだけというのは通達してくれない。聞いても絶対に言ってはいけないことになっています(と言われる)」と明かし、麻木久仁子は「えっ?私の場合はイベントだったら幾らもらいました、税金はいくら、取り決め配分あるのでうちはいくら、貴方はいくらって毎月びっしりきます」と驚きの声を上げた。

友近は「いくらもらったかは書いてないし、聞いても言っちゃいけないことになってますと」と繰り返すと麻木は「他の事務所はいいのにどうして言っちゃいけないの」と苦笑。友近も「そこが謎なんで、5対5と言われても納得できないよと。そういうことを明らかにしてもらえたらやっと向き合ってもらえたと思う」とも語っていた。

https://www.daily.co.jp/gossip/2019/07/23/0012541484.shtml

sakamobi
sakamobi

吉本パワーでのごり押しで売れるスターシステムだからある程度は仕方ない。けどやめた芸人を干すとかそういうのがまかり通るのはもう終わりにしないとね。現体制の維持じゃ絶対無理😩😩😩

コメント