【レスリング】吉田沙保里さんを6回フッた男、「ごめん」の理由は…

さおちゃん、お疲れ様―。
10日、現役引退会見に臨んだレスリング女子の吉田沙保里さん(36)には、高校時代に6回告白して6回フラれた同級生の男性がいる。
後に国民栄誉賞を受賞する五輪V3女王が「きんちゃん」との呼称で熱烈に想(おも)いを寄せた三重県名張市の会社員・北森久史さん(36)が、スポーツ報知の取材に応じ「結婚して、第2の吉田沙保里を育ててほしいです」と女性としての幸福を願った。

霊長類最強女子がマットを去ることを表明した8日午後、北森さんはLINEを送った。
「さおちゃん、本当にお疲れ様でした」。すぐに返信があった。「きんちゃん、ありがとう」

今も吉田さんとの友人関係が続いている北森さんは「東京五輪を目指すと思っていたので予想外でしたけど、今はただ『お疲れ様でした』とだけ伝えたいです」と話した。
そして、引退会見で「女性としての幸せ」を願ったクラスメートに思いを重ねた。
「やっぱり結婚して幸せになってほしいですし、第2の吉田沙保里を育ててほしいな~って思いますよ」

三重県立久居高スポーツ科学コースのクラスで3年間、ずっと一緒だった。
「めっちゃ仲良くて、ずっと一緒に話してるくらい。素顔のさおちゃんは…皆さんがテレビで見るまんまです」。
小中学校時代、元西武の岡本篤志投手(37)とバッテリーを組んだ経験もある野球部の主砲に、吉田さんは恋をした。
一途(いちず)に想い、6回告白した。そして…6回フラれた。
「断って、気まずくなって、また仲良くなって、の繰り返しでした。周りは『付き合ったらえーやん』って言うし…」

「ごめん」の理由は、恋愛対象外だったからではない。
「レスリングの邪魔になっちゃいけないと思いましたし、さおちゃんはすぐ金メダリストになって有名人になると分かっていました。自分が付き合うような人じゃないって」

沖縄への修学旅行中、決意は揺るぎないものになった。
「浜辺で野球部全員が一人ずつ相撲を挑んだんです。みんな体も大きいし、さすがに勝つと思ったんですけど、高速タックルで全員一撃でした。ホント速すぎて見えないんですよ!」

クラスで男子がケンカを始め、吉田さんに「きんちゃん、止めて!」と言われた時は相反する感情が交錯した。
「女の子っぽいトコあるじゃん…と思いつつ『お前がタックルすれば一秒で止まるわ』と思う自分もいました…」

最後の告白は卒業式の後、校舎の陰で。「付き合ってよ。付き合って…ください」。
事前に、吉田さんの母・幸代さんからも「きんちゃん、お願い」と連絡を受けていたが、断腸の思いで信念を貫いた。
「あの頃、さおちゃんと付き合ってたらどうなってたんだろうなーって思ったことは…ありますよ」

20代で結婚し、今は2男1女のパパになった北森さんは願う。
「家族ぐるみの仲になったら楽しいだろうなあ、なんて思います」(北野 新太)

◆「嫌いじゃない。住む世界が違う」

あの夏から15年が過ぎた。アテネ五輪直前の2004年6月、吉田さんの母・幸代さんから「沙保里はクラスメートの『きんちゃん』に6回告白して6回フラれたんですよ」と聞いた。

「きんちゃん」なる男性を探す旅を始め、ようやく会えたのは同年8月23日深夜、2人の母校・久居高の体育館。
吉田さんが初の金メダルに挑む決勝が映し出されたパブリックビューイング会場だった。
北森さんは記者の直撃を笑顔で受け入れ「嫌いだったわけじゃないんです。
さおちゃんと僕じゃ住む世界が違うから、友だちでいた方がいいと」と爽やかに語ってくれた。

翌朝のテレビで、徳光和夫さんは現地スタジオの吉田さんに尋ねた。
「吉田さん、6回もフラれたんですか! 日本の新聞の1面に載ってますよ!」。
真っ赤にした顔を「恥ずかし~!」と手で覆いながらも、どこかうれしそうな金メダリストの姿を今でもよく覚えている。

http://news.livedoor.com/article/detail/15856774/

 

この諦めない姿勢がレスリングでの成功にも繋がってるんやろね。それにしても数々のエピソードが面白い( *´艸`)

コメント