自分の妻のことを嫁と表記して炎上し謝罪させられる世の中に…発狂していたフェミな方々「嫁という言葉は男尊女卑!成り立ちからして性差別!」

スポンサーリンク

妻を”嫁”と表記するのはダメ? 企業公式ツイッター「不適切な表現」と謝罪して物議

スポンサーリンク

自身の配偶者を「嫁」というのは不適切なのか。靴下を製造・販売するTabioの公式ツイッターアカウントの投稿が物議を醸している。同アカウントは11月2日、

「ところで、明日は休日ですね!皆さんは何します!? 私は、嫁から『とりあえずこれを読め』と佐々木倫子先生の『Heaven?』を全巻渡されたので読みます。(ドラマ版を見ていて、「これ原作見てないわ」と言ったら、速攻でした。)1号」(※編註:「1号」はツイッター運用担当者のうち特定人物を指す)

と投稿。これに対してツイッターでは、「なんで妻って言えないんですか?」「『嫁』という言葉のチョイスは不適切です」といった批判の声が寄せられた。

スポンサーリンク

同アカウントは4日、「こちらのツイートで、『妻』とするところを『嫁』としてしまい、不適切な表現となってしまいました。ご指摘いただきまして誠にありがとうございます。今後気をつけて参ります」とコメントしている。当該ツイートは何が問題だったのか。

芸能人が「うちの嫁が~」と話すことで広まった?
この騒動について、ITジャーナリストの井上トシユキさんは「『嫁』の本来の意味について指摘する人と、フェミニズム的な観点から指摘する人が見られます」とコメントする。

スポンサーリンク

「『嫁』は本来、男性側の親が息子の妻を指して呼ぶ言葉です。リプライ欄でもその旨を指摘する人がいるように、企業アカウントの日本語の誤用を指摘する人が見られます」

男性が配偶者女性を指す言葉として「妻」「奥さん」「嫁」「家内」「かみさん」など多くあるが、公的な書類などでは「妻」を使う。そのため、そもそも企業の広報を担うツイッターアカウントが「嫁」と呼ぶことに違和感を覚える人もみられた。

スポンサーリンク

一方、「嫁」という言葉には男尊女卑を感じるため否定的に捉える人もみられた。井上さんは「嫁は『女』が『家』についている漢字であり、成り立ちからして性差別を感じるという人もいます」と話す。

「ここ5~6年、テレビなどで芸能人が妻を『うちの嫁が~』と話すケースがよく見られます。それがお茶の間にも広がると同時に、『嫁』という呼称を不快に感じる人も。『嫁』という言葉自体が不適切だと考える人も一定数います」

スポンサーリンク

そもそも企業SNSは”中の人のカラー”を出すべきなのか
本来、企業公式アカウントは自社商品をPRする投稿を行うが、昨今はツイッター運用担当者の私生活が見える投稿も多い。井上さんは「企業公式ツイッターアカウントの運用担当者は”自分のカラー”を出すべきなのでしょうか」と投げかける。

企業SNSアカウントはマーケティングの観点から「消費者目線に立って行うべき」という意見もあるが、公私混同ツイートで炎上したアカウントも少なくない。

スポンサーリンク

ストッキング・タイツメーカーのアツギは11月、ツイッター上で「#ラブタイツ」というキャンペーンを実施。イラストレーターに同社製品を着用した女性のイラストを制作・投稿依頼し、公式アカウントでリツイートをした。中には、女性の下着が見えそうなイラストなどもあり、「女性を性的に消費している」という批判が殺到した。

同社のツイッター担当者は依頼したイラストレーターのファンで、公式アカウントから誕生日を祝うメッセージをリプライしており、公私混同だと批判する人もいた。井上さんは、「消費者として知りたいのはあくまでも製品の機能性です」と指摘する。

スポンサーリンク

「ユーザーの生活の背景を考え、こういう時にはこれが役立つ、ということを伝えるのが企業として適切な”消費者目線”ではないでしょうか。”中の人”の個性が見えるようなツイートは特定の人にバズっても、炎上する可能性もあります。本来のターゲット層に刺さらない私的なツイートは、企業公式アカウントとして投稿すべきなのでしょうか」

https://news.careerconnection.jp/?p=104357

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

こんなイチャモンは無視(スルー)すればいいと思う
というかいちいち相手にしないほうが吉😩😩😩

コメント