sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

「嫁」という呼び方、問題あります。やめてください

   

自分の結婚相手も含めた既婚女性に対して男性が軽いノリで使いがちな「嫁」という呼び方。問題あります、と甘糟りり子が切り込む。

自分の結婚相手も含めた既婚女性に対して男性が軽いノリで使いがちな「嫁」という呼び方。問題あります、と甘糟りり子が切り込む。

時々、自分が結婚した女性のことを「嫁」と呼ぶ男性がいるけれど、あれがどうにもこうにも苦手だ。すてきだなあと思っていた人が「うちの嫁がね……」なんていうと、勝手にがっかりする。

そもそも「嫁」というのは、三省堂の辞書によれば「息子の妻として、その家族に迎え入れられる女性」である。嫁と呼んでいいのは、本来、結婚した息子の父親及び母親だけなのだ。しかし、この嫌悪は、言葉を正しく使っていないから、ということだけによるのではない。なんというか、もうちょっと生理的なものである。辞書によっては「嫁」の解釈を広げている場合もあるにはあるけれど、結局根っこはこの発想なのだ。

このページ担当の編集者によればテレビの中の芸人と括られる人たちによって普及したらしい。なるほどね。

まったく個人的な独断と偏見でいわせてもらえば、「うちの嫁が」には、時代錯誤な男尊女卑やら過剰な上下関係やら、カビ臭い価値観がたくさん染み込んでいる気がする。女に家を背負わせるという漢字の成り立ちをそのまま、平成29年の今でも平然とやってしまう、もしくはそれを理想としている人たちの言葉づかいだ。だって、これ、対等なはずの結婚相手をお舅さんやお姑さんと同じ上から目線で呼んでいるのである(お舅やお姑は上からでいいのかという議論は、ひとまず置いときます)。

自分の配偶者を「嫁」と呼ぶだけでなく、友人の配偶者まで「誰某の嫁が」なんていう感覚は私にはよくわからない。

じゃあ、配偶者をなんと呼ぶのがスマートなのだろうか。

わりと年配の方が「女房」なんていうのは、ちょっといいなあと思う。トラッドな感じがして。でも、まあ、女房という言葉は年齢によってはとってつけたようにもなる。気後れするなら「家内」はどうだろうか。

これらの言葉も辞書で引いてみると、「女房」とは「古くは宮中の官女や貴族の待女を指し、後、広くは庶民の妻を指す言葉」とあった。官女や待女から派生しているとは意外だった。

「家内」は、「その家で生活する人(全員)、狭義では主人の妻」なので、正統派な印象のわりに無難な言葉使いだ。*後で別の角度から述べたいことはありますが。

無難中の無難といったら「妻」。辞書にも「その人と結婚している女性」とだけある。「愚妻」は、「自分の妻の謙称」だ。今時、CMで「うちの愚妻が」なんて台詞が出てきたら、即炎上だろうけれど、個人的には嫌いではない。きちんと対等な関係を築いている夫婦だとしたら、互いの距離感の近さから身内を謙譲するのは一つのスタイルだし、日本語らしい余韻だとも思う。

と、このように、私はかなり保守的で、大してフェミニズム志向でもない。そんな私でも、愚妻は気にならない私でも、やっぱり「うちの嫁」はどうしても受け付けられない。たとえ対等な関係の夫婦であったとしてもだ。髪の毛をかき上げながら「ワイフがさあ」の方がまだマシ。

そういえば、はるか昔1990年のこと。ポール・マッカートニーを見に東京ドームに行った。バックバンドには当時の彼の配偶者であるリンダ・マッカートニーがいて、天下のポールはメンバー紹介の際、「ウチ、ノ、カミサーン!」と叫んでいた。 あれが「ヨメサーン」じゃなくて良かったなあ。

ちなみに、「奥さん」は三省堂の辞書では「他人の妻に呼びかけるのに用いられる用語」だそう。最近は、自分の配偶者のことを「奥さん」と呼ぶ人も少なくない。勝手な推測だけれど、妻という響きがこそばゆい人が使っている印象だ。

ところで、女性の伴侶を指す呼称だけではなく、男性の伴侶を呼ぶ場合もけっこう難しい。私は、ついうっかり「誰某さんのご主人」などといってしまうのだが、これに嫌悪を示す女性は多い。だって、「主人」なんて明らかに対等じゃないし、主従関係を示す言葉だもんね。エラそーに「うちの嫁」批判をしてきたけれど、説得力がなくなってしまう。まずい……。三省堂の「家内」の記述には「主人の妻」とあるけれど、近いうちに書き直されるのではないだろうか。

かといって、「旦那」や「夫」は妻が呼ぶのはいいけれど、他人が使うのは厚かましい気がする。若い女性のブログでは「ダンナさん」という呼称をよく見かけるけど、「旦那」に「さん」をつけるのは抵抗がある。奥さんを名前で呼ぶくらいに親しければ、夫のことは苗字にさん付けで呼んでいるのだけれど、奥さんを苗字で呼ぶ距離感の場合、もしくは奥さんが旧姓で仕事をしていて夫の苗字を忘れてしまった場合は、もう打つ手がない。焦るあまり、つい「ご主人」が口をついて出てしまうのだ。何かいい呼称はないものだろうか。

甘糟りり子 作家。アパレルメーカーを経て文筆業に。バブル時代の空気を切り取るリアルなタッチは自他ともに認めるところで、ファッションや食、クルマ、スポーツには一家言ある。2月27日に『産まなくても、産めなくても』(講談社)を刊行した。

https://gqjapan.jp/culture/column/20171026/what-to-call-your-wife/page/3

僕も以前こういうリプ貰ったことあるw他人が自分の配偶者をなんと呼ぼうが勝手だと思うんだけどな(;^ω^)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット