やせた50~60代女性、糖尿病リスク高く

やせた50~60代女性、糖尿病リスク高く

やせた50~60代女性、糖尿病リスク高く

やせた50~60代女性は糖尿病の発症リスクが高くなるとする研究結果を、順天堂大のチームがまとめた。年齢と共に糖を蓄える筋肉が減ったり、筋肉が糖を取り込みにくくなったりするためとみられる。チームは、適度な運動やバランスのよい食事を進めて筋肉の量と質を高めるよう訴えている。

糖尿病は、男女を問わずやせている方が発症リスクが高いことが知られている。だが、その要因まではこれまでよく分かっていなかった。

チームは、体格指数(BMI)が18.5未満のやせた女性で、20代の31人と、閉経後の50~65歳の30人に、ブドウ糖溶液を飲ませてから血糖値がどう変化したか調べた。すると、閉経後の女性の37%に血糖値が正常より高い耐糖能異常がみられた。

筋肉には糖を蓄える働きがある。チームは「加齢と共に血糖値を下げるインスリンの分泌が減るため、筋肉の量が減ったり、運動不足などで脂肪筋化して筋肉の質が低下したりして、高血糖になりやすくなった」と推測している。

女性は骨折が介護を受けるきっかけとなることが多く、やせていると骨折のリスクにもなる。チームの田村好史同大医学部准教授(内分泌学)は「今後、やせた高齢女性が増えることは間違いない。若いうちからよく食べ、よく運動し、糖尿病発症のリスクを少しでも減らすよう取り組むべきだ」と指摘した。

研究成果は、米国内分泌学会誌に発表した。

順天堂大研究:やせた50~60代女性、糖尿病リスク高く - 毎日新聞
 やせた50~60代女性は糖尿病の発症リスクが高くなるとする研究結果を、順天堂大のチームがまとめた。年齢と共に糖を蓄える筋肉が減ったり、筋肉が糖を取り込みにくくなったりするためとみられる。チームは、適度な運動やバランスのよい食事を進めて筋肉の量と質を高めるよう訴えている。

 

太ってもリスク、痩せてもリスク(;^ω^)

コメント