sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

大和君(7)の体力と知力が異常 卓球で145回もラリーを持続 できる子の答案の名前を自分のに書き換える

   

大和君(7)の体力と知力が異常 卓球で145回もラリーを持続 できる子の答案の名前を自分のに書き換える

大和くん奇跡の生還生んだ体力と知力

“わんぱく少年”ならではの体力と知力が「奇跡の生還」に結びついた――。北海道七飯町の山中で“しつけ”のため置き去りにされ行方不明になっていた小学2年生の田野岡大和くん(7)が、3日午前に無事保護されたことは本紙昨報通り。置き去り現場から北東に直線距離で5~6キロ離れた地点にある鹿部町の陸上自衛隊駒ケ岳演習場の廠舎(しょうしゃ)に大和くんはいた。驚異の生命力に称賛が上がる一方で、子供に簡単に“突破”された自衛隊施設に不安の声も出ている。舞台裏に迫った。

行方不明になった先月28日夜のうちに、大和くんは上り坂を歩いて自衛隊の廠舎にたどり着いた。直線では5~6キロだが、道なりでは約10キロにもおよぶ。廠舎は築30年以上のトタン屋根のかまぼこ形建物で、普段は訓練隊の寝泊まりや作戦会議に使われるという。

廠舎に2つあるドアの片方は施錠されていなかった。中は広く、隊員らが就寝に使うマットが四隅に積み上げられているほか、中央にストーブもあるが発電機なしでは使用できず、大和くんは電気もつかずに真っ暗で寒い廠舎の中で、マットとマットの間で身をかがめ暖をとっていた。

3日午前7時40分ごろ、訓練部隊が廠舎のドアを開錠すると、大和くんが立っていたという。隊員が「もしかして大和くん?」と声をかけると「うん」とうなずき「おなかがすいた」というので隊員がおにぎり2つと水を差し出すとその場ですぐに食べたという。搬送先の病院によると「大和くんは軽い脱水症状と低栄養状態だったが体調に問題はない」という。

なぜ大和くんは廠舎にたどり着き、さほど衰弱せずにいられたのか?

元自衛官で自衛隊を舞台にしたミステリー小説「深山の桜」の著がある作家の神家正成氏は「射撃訓練場などと違い、戦闘訓練を行う演習場は地べたさえあればよく廠舎内に重要なものは置いていない。普段無人で広大な敷地の管理に人員を割けないため、演習場には比較的入りやすいかもしれません。裏を返せば何もない所で、低体温症にならないようにマットを地面に敷いたり水の確保ができたことは評価できる」と言う。

自衛隊員によると「夜になると、廠舎から遠くにホテルの明かりが見える」。昼間なら10キロを歩いた大和くんにとって歩けない距離ではなさそうだ。しかし、この1週間、雨天続きのうえ、冷え込んだため、無理に出歩かなかったことも幸いしたかもしれない。

国立病院機構災害医療センターの小井土雄一救命救急センター長は「水があったのと雨風をしのぐことができたのは大きなポイント」と言い「個人差はあるものの7歳という年齢は、ぎりぎり皮膚やエネルギーの備蓄庫である筋肉、皮下脂肪など体が出来上がる時期だ」と指摘。食べ物がなくても水分があれば1週間程度の生存は可能とみられる。

置き去り場所から動かないのがベストだったが、移動してしまった中では最善の行動を取っていたのだ。

大和くんを知る保護者は「卓球で145回もラリーが続いて表彰されたこともあり、ずぬけた持久力がある。ダンスや野球、サッカーも得意で体力があり余っている感じ。また、できる子の答案の名前だけ消して自分の名前を書いて提出しちゃうような“ちゃっかり屋”だけど、思わぬ方法で高得点を取る発想力もある」と指摘。わんぱく少年ならではの体力と知恵が生存の大きなカギとなったのかもしれない。

演習場は不定期の訓練や月に1回程度の点検で隊員が訪れるだけで、2~3か月の間誰も来ないこともあるという。行方不明になってから2日後には、5分ほどの点検で隊員が廠舎内に入っていたが異変に気が付かなかった。短期間に隊員が再び廠舎を訪れ発見されたのは奇跡的ともいえる。

一方で子供に簡単に“侵入”を許した自衛隊施設に不安の声も上がるが、前出の神家氏は「富士山の裾野にある東富士演習場などは敷地内に県道が走っていて登山道にもなっている。また山菜採りの市民などが入ってくることもあるので、実弾訓練を行う時などに市民が入って来てけがをしないように、むしろ訓練の時には見張りをして管理を徹底している」という。

演習場の敷地の境界付近までは捜索範囲だったが、敷地内で保護されるとはまさに灯台下暗し。大人が右往左往捜し回る中、的確な状況判断で無事でいてくれた大和くんの生命力に感服するばかりだ。

http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/548854/

大物すぎワロタwwwww

 - ニュース, ネット