NGT48・山口真帆騒動、指原莉乃が運営批判「防犯ベル、わたしは怖くて震えて、取り出すことさえできないと思う。」

NGT48・山口真帆騒動で指原莉乃が問題提起! 警視庁「防犯アプリ」はベルより使えるか?

時代は「ベル」ではなく「アプリ」になったということか。

いまだ収拾がつかないアイドルグループ「NGT48」メンバーの山口真帆さんへの暴行事件。その再発防止策として、グループの運営会社AKSは全メンバーに防犯ベルを支給すると発表していたが、HKT48の指原莉乃さんは自身のTwitterで<防犯ベル、わたしは怖くて震えて、取り出すことさえできないと思う。。>と吐露。運営会社の対応に賛否の声が上がっている。

そんな中、にわかに注目が集まっているアプリがある。警視庁公認の防犯アプリ「Digi Police」だ。

2016年3月にリリースされたこのアプリ。スマートフォンで犯罪発生情報や不審者情報などがわかる機能が実装されているが、何より警視庁の“お墨付き”という安心感も強い。NGT48騒動のあとにSNS上で話題となり、インストール数が急増。17日時点で16万件になった。

さまざまな機能がある中でも「防犯ブザー」が便利だと話題になっている。

アプリ内の「防犯ブザー」をタップすると、登録したメールアドレスに位置情報が届く仕組み。たとえば、親族や知人などのメールアドレスを登録することによって、不測の事態が起きたときに、ブザーをタッチするだけで登録された人にお知らせメールが届くというわけだ。

いったい、どんなメールが届くのか。試しに記者が使用すると、ブザーを鳴らして約1分後にメールが届いた。

<このメールは警視庁犯罪抑止アプリより自動送信でお送りしています。只今、○○○○(設定した名前)さんが防犯ブザーを使用しました>

シンプルなメールの下部には<ブザー使用時の場所>としてグーグルマップのリンクも貼られている。クリックしてみると、現在地から徒歩13分ほど歩いたところを流れる「隅田川の上」にピンが表示された。残念ながらピンポイントで位置を特定するまではいかなかったが、万一の事態が起きた際に有力な手掛かりになりそうだ。アドレスは3人まで登録できる。

だが、SNS上では、すでに意外な使い方を提案する声もある。

<食事の準備ができた時に押せば、旦那と子供と犬に専用ルートで連絡できて便利?>

つまり、「ごはんできたよー」代わりに、防犯ブザーを押して家族を呼び出すというわけだ。これには警視庁の担当者も「想定外」と驚きを見せる。

「いろいろな使い方を聞くと開発の参考になります。普段から使っていただくことで、本機能に慣れていただき、本当に必要なときの活動につながればと思います」(警視庁総務部広報課の担当者)

ほかにもこんな機能がある。アプリ内の「痴漢撃退」を開くと、黒い背景に白色の文字で、<痴漢です 助けてください>と表示される。声を出すことなく、画面を見せるだけで周りに伝えられるようになっているのだ。さらに画面をタップすると、高めの女性の声で、<やめてください! やめてください! やめてください!>と、再びタップするまで繰り返される。なかなかの音量に一瞬ドキッとする。

埼玉県が2016年に実施した調査では、痴漢被害者488人のうち292人が「何もできなかった」「我慢した」と回答。限られた地域の調査ではあるが、実際、高校生のころに電車で痴漢に遭ったという女性は「恐怖でいっぱいになり、何もできなかった」と言うほど、犯人に対して何らかのアクションを起こすのは想像以上に難しい。それだけに、こういったアプリ機能に期待が寄せられるのか。

なお、アプリ画面には「痴漢です 助けてください」と表示されるが、音声では「やめてください」の一言を繰り返すのみ。画面表示と言葉は「あえて違うものを選んでいる」と前出の担当者は説明する。

「被害者の心情を考慮しました。また、音声では間違っていた場合のトラブル防止のため『痴漢』の言葉をいれないメッセージを選びました」(同上)

他にも、最寄り警察署への最短ルートや近隣コンビニの情報などが分かるようにもなっている。「もしも」のときの駆け込み先を指南してくれる心強い味方というわけだ。

スマホの片隅に忍ばせておくのはいかがだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190204-00000051-sasahi-soci&p=1

 

sakamobi
sakamobi

いざ襲われた時にスマホのロック解除して、アプリ立ち上げて通報ボタンタップって…そんな余裕ある訳ないだろ…(#・∀・)

コメント