山形、猛暑で6年ぶりに雨乞い→観測史上最多の記録的な大雨で浸水・土砂崩れの被害

農家の人たちは、水を確保するために、近くの最上川や寒河江川からポンプで水をくみ上げるなどの対策をとっていますが、農作物の成長に影響が出ているということです。

寒河江市の農家の男性は「田んぼが干上がってしまっているし、りんごや桃も実が小さくなっている」と話していました。

JAさがえ西村山によりますと、同じように雨が少なかった6年前の8月にも雨乞いを行い、翌日に雨が降ったということです。

JAさがえ西村山営農企画課の清野睦彦課長は「神にもすがる思いです。あと2週間、雨が降らなかったら農作物にとって非常に厳しい状況となる。あすにでも降ってほしい」と話していました。

エラー|NHK NEWS WEB

 山形県内は5日から6日にかけて、前線が上空に停滞した影響で記録的な大雨に見舞われた。9地点で、観測史上最多の24時間降水量を更新し、地域によっては停電や浸水、土砂崩れなどの被害が出た。

山形地方気象台によると、24時間の降水量は金山町金山で312・5ミリ、最上町瀬見で309・5ミリ、真室川町差首鍋(さすなべ)で299・0ミリを観測。それぞれ、8月の平年1カ月分の降水量を上回った。

山形で記録的大雨、土砂崩れや浸水被害 ボートで救出も:朝日新聞デジタル
 山形県内は5日から6日にかけて、前線が上空に停滞した影響で記録的な大雨に見舞われた。9地点で、観測史上最多の24時間降水量を更新し、地域によっては停電や浸水、土砂崩れなどの被害が出た。 山形地方気象…

 

雨乞い効きすぎやろ(;´Д`)

コメント