スポンサーリンク
スポンサーリンク

ワークマンがついにカジュアル店を出すワケ バイク乗りや妊婦に「機能性ウエア」が人気

スポンサーリンク

ワークマンがついにカジュアル店を出すワケ バイク乗りや妊婦に「機能性ウエア」が人気

ワークマンがカジュアルウエア事業を強化する。ベイシアグループの中で作業着、特に建設技能労働者向け衣料品の専門店として
知られている同社は2018年3月末現在で全国821店舗をかまえており、作業着専門店としては圧倒的なトップシェアを誇る。
2018年3月期の売上高は前年比7.3%増の797億300万円、経常利益は10.4%増の118億5600万円と絶好調。そんなワークマンがなぜ
カジュアルウエアに進出するのか――。

「ライダー」から火がついた
ワークマンのカジュアルウエア参入の歴史は新しい。きっかけは2015年、1着の防水防寒ウエアからだった。

※全文はソースで
https://toyokeizai.net/articles/-/224728

 

(´・∀・`)ヘー

コメント