sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

Windows 10無償アップグレード終了まで約3ヵ月 – 期限は7月29日

   

Windows 10無償アップグレード終了まで約3ヵ月 - 期限は7月29日

日本時間の2016年7月29日に、Windows 10への無償アップグレードサービスが終了する。ちょうど今日、100日を切ったところだ。

Windows 10の無償アップグレードサービスは、Windows 7およびWindows 8.1ユーザーを対象に、昨年7月29日からの1年間の期間限定でWindows 10に無償でアップグレードできるものだ。7月29日を過ぎると、無償アップグレードサービス期間が終了し、有料でアップグレードをしなくてはならなくなる。

マイクロソフトの発表によると、Windows 10は、Windows史上最速のスタートを切り、2億7000万を超えるデバイスで稼働。展開ペースはWindows 7を145%も上回っているという。昨年末時点では、2億2000万台で稼働していたと発表しており、それから3ヵ月強で5000万台も利用が増加した計算になる。

さらに、Windows 10ユーザーは、以前のWindowsよりも、PCの前で過ごす時間が長くなっており、Windows 10の使用累計時間は、提供開始以来750億時間を超えているという。また、Windows ストア への訪問回数は50億回を超え、Windows 10の機能のひとつとして提供されているパーソナルデジタルアシスタントの「Cortana」を搭載したアプリは、1000種類近くになっている。

先ごろ、米サンフンランシスコで開催された開発者向けイベント「Build 2016」において、米マイクロソフトのWindows&Devices担当エグゼクティブバイスプレジデントのテリー・マイヤーソン氏は、「Windows 10は、より自然に使える信頼されたOSであり、幅広いデバイスを利用できるエクスペリエンスと、よりパーソナルなコンピューティング環境を提供できるように設計されている。パーソナルデジタルアシスタント「Cortana」やWindows Helloのような機能によって、Windows 10はこうしたビジョンを実現し始めている」と位置づけた。

では、Windows 10にアップグレードするメリットはどこにあるのだろうか。

日本マイクロソフトでは、いくつかの理由を挙げており、まず強調しているのが、パフォーマンスが大きく改善する点だ。同じPCを使っていても、Windows 10にアップグレードするだけで、パフォーマンスがあがるとしている。

例えば、Windows 7搭載PCをWindows 10にアップグレードした場合、平均で28%も起動時間が速くなるという。実際、2009年秋冬モデルのWindows 7搭載ノートPCをWindows 10にアップグレードしたところ、起動時間が45秒から15秒に短縮。約66%も高速化したという。

また、スリープからの復帰は6秒から2秒へと約66%高速化、Webブラウジングでは約94%高速化、ファイルコピーでは303秒から296秒へと約2%高速化、ファイル圧縮では109秒から76秒へと30%高速化、ファイルの解凍では99秒から70秒へと約31%高速化したとしている。

http://ascii.jp/elem/000/001/152/1152704/

そろそろ覚悟を決めないといかんな…(;´Д`)

 - IT・スマホ, ニュース