全国民がビックリ!オランダ国王が21年間隠れてやっていたアルバイトが衝撃的

国王が月2でやっていたというアルバイトは、国王の幼少期からの夢だったそうで、特別な式典や行事がない限りは休むことなく出勤していたのだとか。

国家の代表・象徴であるウィレム・アレクサンダー国王。

知られざるもう一つの顔は…

なんとパイロットだった!

21年間、身分を隠しながらKLMオランダ航空で副操縦士として活躍していた国王。

国王が飛行機愛好家であり、パイロットの資格を取得している事は国民の間に知れ渡っていたそうなのですが、まさか本当に操縦していたとは。これは全国民が度肝を抜かれたというのも頷けますよね(笑)

新R25 - シゴトも人生も、もっと楽しもう。
「新R25」は、これからの時代を生きるR25世代(20~30代)のビジネスパーソンに向けて、人生を豊かにする情報や考え方を“おもしろく”届け、一歩を踏み出すキッカケづくりをサポ―トするWEBメディアです。

映画みたいな話だけど夢があってなんか素敵(*´ω`*)

コメント