sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

「超コンビニ化」するウエルシア薬局、24時間営業で医薬品や食品を扱い、セブンの牙城を脅かす

   

「超コンビニ化」するウエルシア薬局、24時間営業で医薬品や食品を扱い、セブンの牙城を脅かす

 1月末、コンビニエンスストア最大手のセブンイレブンが、国内2万店を達成した。大手のファミリーマート、ローソンと合わせると、その店舗数は全国で約5万店。そのほかミニストップやデイリーヤマザキ、セイコーマートを加えれば6万店に迫る。

いまや、私たちの生活に欠かせなくなったコンビニは取り扱う商品を年々充実させて、営業時間も24時間。まさに、至れり尽くせり。そのため、コンビニさえあれば、ほかの商店は不要とさえ感じるだろう。

そんな快進撃を続けるコンビニだが、最近は出店ペースが鈍化している。国内の市場は飽和状態のため、最近では宅配にまで裾野を広げる。コンビニは、外食産業の領域にも進出し、どんどん強大化した。もはや、コンビニに勝てる小売店はない。外食産業もコンビニに屈しつつある――と思われていたが、コンビニを脅かす存在が現れ、王者・セブンイレブンでさえも劣勢に立たされている。

そんな存在の一角は、いうまでもなくネット通販。具体的にはアマゾンだ。ネット通販の市場規模は、年を追うごとに拡大。ネット通販ならば、コンビニを凌駕する品揃えで対抗できる。コンビニの持ち味でもある“何でも揃う”“いつでも買い物ができる”という利点でネット通販が上回るようになってきた。

これまでネット通販は、生鮮食品が弱点といわれてきた。しかし、既存のスーパーを買収するなどして、ネット通販は着実に利便性を増している。とはいえ、ネット通販は画面上でしか商品を見ることができない。実際の買い物では、目で見て、手に取ってから買いたいという欲求が消費者にはある。特に生鮮食品は、ネット通販より実際の店舗のほうが強かった。

コンビニの主力商品は日配食品と呼ばれる、弁当やパンなどだ。ネット通販が力を増してきた昨今でも、弁当やパンはコンビニが勝てる商品分野だった。弁当やパンは、見た目が購買意欲を大きく左右する。だから、ネット通販は歯が立たない。

コンビニ大手3社でも、特にセブンは日配食品に力を入れている。セブンのPB(プライベートブランド)である「セブンプレミアム」や「セブンプレミアムゴールド」は、それまでPBの常識だった「安いから、マズい」を覆し、「高いけど、うまい」という評判を確立した。セブンは商品の品揃えだけではなく、日配食品の質も向上させた。当初から業界1位を独走していたセブンだが、これらによってコンビニ業界で独走状態に入る。ファミマやローソンもセブンへの対抗策を打ち出すものの、セブンには遠く及ばない。コンビニ業界のみならず小売業でセブンに太刀打ちできる店はない。業界内では、そんな見方も根強くあった。

医薬品も日配食品も扱う

しかし、ここにきてコンビニの牙城を脅かす勢力が現れ始めている。それが、埼玉を中心に全国で1600店前後を展開するドラッグストア、ウエルシア薬局だ。

ドラッグストア業界も、近年では覇権争いが激しい。一時期はマツモトキヨシが一大旋風を巻き起こした。その後、ツルハドラッグ、サンドラッグ、スギ薬局などが急成長。群雄割拠の様相を呈している。それらが競い合うことで、ドラッグストアはコンビニを脅かす存在となりつつある。業界関係者は話す。

「昨今のドラッグストアは、コンビニと比べても品揃えに遜色がありません。むしろコンビニでは扱えない医薬品を扱っているので、コンビニを超えたコンビニ、いわゆる超コンビニといった感じが利用者にウケているのです」

昨今、コンビニ業界は飽和状態になっている。そのため、シェアサイクル事業や保育園の併設といった異業種とのコラボで活路を見いだそうとしている。しかし、シェア自転車や保育園は来店を促す効果はあっても、直接的な売上増には結びつかない。一方、医薬品販売は薬事法により厳しい規制がある。規制緩和で医薬部外品は扱えるようになったものの、それでも多くの医薬品はコンビニでは扱えない。

逆にドラッグストアでは、コンビニの主力商品だった弁当やパン・惣菜といった日配食品も扱うようになった。これが、コンビニ業界で危機感を広げているのだ。

24時間営業も宅配便ロッカーも

ドラッグストアが好調に売上を伸ばしているのは、医薬品を扱っていることだけが理由ではない。ウエルシアは大手流通グループのイオン系列のため、店舗によっては24時間営業。しかもコンビニでは当たり前になったマルチコピー機やATM、宅配便ロッカーを設置している。最近になってコンビニが力を入れるようになったイートインコーナーも、ウエルシアにはある。

一昔前なら、コンビニとドラッグストアは棲み分けができていた。それがコンビニvs.ドラッグストアという対決構図になり、今はそうした構図さえも崩れた。今後はコンビニとドラッグストアが区別されることはなくなるだろう。業界関係者は話す。

「コンビニ店員の大半は、学生か主婦です。だから、医薬品販売の資格なんて持っていません。また、コンビニ側も医薬品販売の有資格者を集められるほどの時給を出す余裕はないでしょう。まして、今のコンビニは外国人に労働力を依存しないと店が回らなくなっています。とても医薬品販売にまで手が回りません。コンビニとドラッグストアが同じ土俵で戦えば、勝負は目に見えています」

ドラッグストア業界は、マツモトキヨシが長らく業界首位をキープしてきた。しかし、2017年にウエルシアが首位を奪取。その勢いはドラッグストア業界の版図を塗り替えるだけではなく、小売業界全体にも変化を及ぼしている。

ウエルシアの店舗数は、まだ少ない。しかし、コンビニ業界はウエルシアに戦々恐々としている。セブンも安穏とはしていられないだろう。

http://biz-journal.jp/2018/05/post_23296.html

 

24時間営業に宅配ロッカー、医薬品も食品も扱うとなるとコンビニより便利だよなぁ…(;・∀・)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット