【悲報】渡部建、日給1万 バイト先社長「こんなに一生懸命やってる」もう許してやれや

スポンサーリンク

「こんなに一生懸命やるとは」渡部建“豊洲アルバイト”先の社長が語った

スポンサーリンク

昨年6月に「週刊文春」が報じた、アンジャッシュ・渡部建(48)の“テイクアウト不倫”。以降、渡部は芸能活動を自粛している。

その間、昨年大晦日の「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 絶対に笑ってはいけないシリーズ」(日本テレビ系)への出演説や近況など、渡部を巡る報道は続いている。2月20日には前日の目撃情報に端を発し、スポーツ紙が渡部の“豊洲アルバイト”を報じた。

“豊洲”とは東京都中央卸売市場豊洲市場のこと。「妻(佐々木希)の勧めでアルバイト」「生活苦?」など、真偽不明の報道が交錯したが、事情を知る市場関係者によれば、渡部に豊洲で働くことを直接勧めたのは、渡部とは旧知の大手仲卸業者Aの社長、X氏だった。

スポンサーリンク

X社長は昨年、

「ウダウダ家にいるんじゃなくて、一緒に汗かくか?」

と渡部に提案。渡部は所属事務所に相談の上、週に1度、深夜0時から午前8時まで、X社長のもとで働くことになったのだという。

X社長が週刊文春の取材に対し、「自分は話す立場にはない」としながらも、渡部の働きぶりについて語った。

スポンサーリンク

「あんな華やかな場所にいた人間が、人が寝ているときに働くっていうのはさ、並大抵じゃない。本当に大変なことなんだ。渡部はあの歳で、汗だくになってやっている。『大丈夫か?』と聞いても『大丈夫です!』と。腹を括ってきているんだ」

そしてX社長は言葉に力を込め、言った。

「こんなに一生懸命やると思わなかったから、見直している。自分としては、純粋に応援してやりたいと思ってるんだ。見守ってやってほしいな」

スポンサーリンク

渡部の所属事務所社長は、「週刊文春」の取材に対して、次のようにコメントした。

「魚河岸の社長さん(X氏)には、手を差し伸べていただいたことに感謝しています」

X社長の渡部への思い、他の従業員が見た渡部、芸能界復帰が叶わぬ中、さまざまな情報が乱れ飛ぶ渡部や妻・佐々木希の近況は2月25日(木)発売の「週刊文春」で報じる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b43f6e84b092e892bd16adaca00b533cff353a05

スポンサーリンク

渡部建、豊洲市場で再出発 ウニを並べる姿も「サマになってた」

スポンサーリンク

平日の朝8時過ぎ、都内の高級住宅街の一角に、一台の高級車が停車する。運転席から降りてきたのは、芸能活動休止中のアンジャッシュ・渡部建(48才)だ。後部座席のドアを開けると、2才の愛息が元気よく駆け出していく。渡部は慌てて追いかけて息子の手を取る。パパの表情で優しく注意を促すと、芸能人御用達の保育園に送り届けた。

スポンサーリンク

渡部は昨年6月に複数女性との不倫が報じられ、12月に謝罪会見を開いたが、批判が集まり“針のむしろ”状態に。復帰のめどは立っていないままだ。その渡部が新天地として選んでいたのは東京・豊洲市場だった。豊洲市場は、2018年10月に築地市場から移転した世界最大規模の卸売市場だ。「24時間眠らない街」ともいわれ、喧噪がやむのは午後のほんの一時だけともいわれる忙しない場所でもある。

スポンサーリンク

「毎日ではないけどよく見かけるよ。マスクに帽子だからそんなに注目されているわけではないね。生半可な覚悟でできる仕事ではないけど、いまのところ続いているってのは、なかなかなんじゃないの。ウニを並べる姿なんかはサマになってたな」(豊洲市場関係者)

渡部が働いているのは『Y』という大手の魚の仲卸店。市場の中でも飛びぬけて広い店舗スペースを持ち、魚介類の品揃えも随一だ。

スポンサーリンク

「年初から働いているよ。夜中の0時くらいから短時間のときもあれば、昼頃までいることもある。いつも『Y』の専務が付きっきりで仕事を教えているんだよ」(豊洲市場の卸売関係者)

深夜に自宅を出て豊洲へ。明け方5~6時まで仕事をしてから子供を保育園に送り届ける日もある。

スポンサーリンク

「家でダラダラしているくらいなら外で働いて!と妻である佐々木希さん(33才)から言われたのがきっかけということだけど、豊洲を選ぶのはさすが渡部さんなんじゃないかな。豊洲は学歴も国籍もさまざまな人が働いているけど、実は料理評論家やシェフ見習いなど『豊洲で働いてみたい』という人も多い。超一流店に素材を卸す業者と交流ができたり、素材の見分け方など知見を得ることもできるからね」(前出・豊洲市場関係者)

スポンサーリンク

しかし市場の仕事は、心身共にハードだという。

「市場は気性の荒い人も多い。モタモタしたり、ターレ(運搬車)の運転でヘマすると、雇用主だけじゃなく他店の人からも罵倒される。仕入れた魚を保管する巨大な冷凍庫の中なんかはマイナス40℃以下。分厚いジャンパーを着て耳当てをつけても、数分で凍える環境だよ。水を扱うから、この季節は慣れるまで手がしもやけになることもある。それでいて給料は深夜から昼前までぶっ通しで働いて、日給1万円というところがほとんどだから続けるのは厳しいね」(前出・豊洲市場関係者)

スポンサーリンク

厳しい環境下で2か月出勤しているという渡部だが、一方で家事や育児に協力することで妻との夫婦仲を回復させているという。

「スキャンダル直後、保育園の親御さんのなかには渡部家と距離を置く人もいました。でも渡部さんは真っ正面から保護者たちにしっかりと謝罪して、信頼関係を取り戻す努力をした。最近では以前のように交流しています。さすがのコミュ力です。堂々としていて隠れるようなこともないですね」(渡部の知人)

スポンサーリンク

冒頭、本誌・女性セブンの記者が渡部に「豊洲での仕事」について話を聞こうと声をかけると、平身低頭「すいません!」と繰り返し足早にその場を去ってしまった。

「豊洲で仕事中というと、『豊洲のトイレは大丈夫か』なんて冷やかされることを避けているのもあるかもしれません。味を知る男、渡部さんですから飲食業にかかわる仕事などから声をかけられているそうです。まさにさまざまなプランも進行中だからこそ、いまは話せないということもあるのかも」(前出・渡部の知人)

渡部が選び抜いた(?)ウニを食べたい。

https://news.livedoor.com/article/detail/19748127/

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

たった週1日なのか😅😅😅

コメント