【動画】「若者よ、選挙に行くな」と全力で煽ってくる。衝撃的なメッセージの狙いとは

7月21日投開票の参議院選挙を前に、「若者よ、選挙に行くな」と題した動画が話題を呼んでいる。その内容は、いささか衝撃的だ。

「若者よ、選挙に行くな」その衝撃的な内容とは

動画では中高年層と思しき3人が登場。そして、カメラに向かってこう言ってのける。

「年金が破綻する?関係ないわ。だって私は貰えているもん」

「教育予算が減っている?その分、医療費に回してもらえるからありがたいよ」

「地球温暖化?20年、30年先の話なんて知らないわ」

さらに3人は、若者を煽るようにこう言い放つ。

「年金を払いたくない。残業は嫌だ。給料が下がった。匿名でよくつぶやいているね」

「でもあなたたちは選挙にはいかない」

「だから私たちが政治を動かしているの」

「あなたたち若者は存在しない人」

「私たちは選挙に行く」

「これでも、あなたは 選挙に行きませんか」

動画を投稿したのは、芸人のたかまつななさん。Twitter上にも7月12日に投稿し、現在まで24万回以上再生され、7000回以上リツイートされている。

動画を見た人たちからは「選挙に行くことで明るい未来を生み出せることを表現した、素晴らしい作品」「世代間の分断を煽る論調が露骨過ぎるのが好きではない」など、その反応はさまざまだ。

たかまつさんは、18歳への選挙権拡大を機に「政治をもっと身近に感じてほしい」という思いから、「笑下村塾」を設立した。現在、「笑いの力で投票率をアップ」をテーマに、18歳の投票率ワースト10の都道府県での無料出張授業の実施を目指している。

「3年前の18歳選挙権解禁盛り上がりは、何だったのか」「18歳選挙を単なるブームに終わらせてはいけない」

たかまつさんは「若い人たちへ。これでもあなたは選挙に行きませんか」と訴えている。

「若者よ、投票するな」 米中間選挙で登場
「若者よ、投票するな」と煽ることで、逆説的に若年層の投票を呼びかけるキャンペーンは、2018年のアメリカ連邦議会の中間選挙で登場した。

「若者よ、投票しないでくれ」

「金持ちの税金がカットされただろ?最高だね!俺は金持ちだから」

「学校での銃撃事件は悲しい。でも、学校にはもう50年も行っていないからさ。その命が大切かなんて、考えていられない」

「私は投票する」

若年層の民意が政治に反映されていないのではという問題を提起、風刺した動画のメッセージ手法が話題になった。

若者の投票率、どれだけ低いの?

直近の参院選で、若者の投票率はどうなっているのか。18歳選挙権が初めて適用された2016年の参院選を見てみよう。

総務省によると、全有権者の平均投票率が54.7%だった中で、18〜19歳の投票率は46.78%、20〜24歳は33.21%、25〜29歳は37.91%だった。

その一方、40歳〜79歳までは軒並み50%超え。最も高かったのが70〜74歳の73.67%だった。

https://www.buzzfeed.com/jp/keiyoshikawa/go-to-vote

若者よ、選挙に行くな
Dear young people, "Don't Vote"
sakamobi
sakamobi

逃げ切り世代からの熱いメッセージ😂😂😂

コメント