【速報】和菓子店の冷蔵庫で女子大生死亡

和菓子店の冷蔵庫内で女子大学生死亡 父親と連絡取れず

7日未明、東京荒川区の和菓子店の業務用冷蔵庫の中で18歳の女子大学生が死亡しているのが見つかりました。この店を経営する父親が「娘を切って自分も自殺する」などと家族に告げたまま連絡が取れなくなっていて、警視庁が詳しいいきさつを調べています。

7日午前0時50分ごろ、東京荒川区東尾久の和菓子店にある業務用冷蔵庫の中から、この店を経営する家族の娘で、女子大学生の木津いぶきさん(18)が死亡しているのが見つかりました。

木津さん一家は近くの住宅に住んでいて、いぶきさんの母親が夫と娘と連絡が取れないと警視庁に相談し、警察官が遺体を発見しました。

業務用冷蔵庫は高さ85センチ、幅1メートル40センチ、奥行きが70センチ余りで、店の奥にある和菓子を作るスペースに置かれているということです。

これまでの調べで、この店を経営するいぶきさんの40代の父親が「娘を切った。自分も自殺する」などと家族に告げたまま連絡が取れなくなっているということです。

現場の和菓子店は、飲食店や商店などが並ぶ通りに面していて、店のシャッターは閉まったままで「都合によりしばらくお休み致します」と書かれた紙が貼られていました。

警視庁は詳しいいきさつを調べるとともに連絡が取れなくなっている父親の行方を捜しています。

事件を聞いて近くの人は
現場の和菓子店を利用することがあるという40代の男性は「このお店はたまに利用しますが、主人が1人で接客していて、普通のおじさんという感じで、事件のニュースを聞いて驚いています。自分も子どもがいて、ふだん通っている道なので複雑な気持ちです」と話していました。

近所に住む50代の男性は「このお店は昔からの老舗で対応も悪くなく、彼岸などのときに利用していました。主人は下町の人であまり気をつかわないで、いい感じの人でした。娘さんについては、この辺で見たことはありませんでしたが、冷蔵庫の中で見つかったということで、なぜ?という気持ちです」と話していました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190707/k10011985151000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

 

sakamobi
sakamobi

>父親が「娘を切った。自分も自殺する」などと家族に告げたまま連絡が取れなくなっている

恐ろしい…😨😨😨

 

コメント