sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

【動画あり】台湾で非常に珍しい深海鮫「ワニグチツノザメ」が複数捕獲される 科学者らが魚類調査中に偶然発見

   

台湾で非常に珍しい深海鮫「ワニグチツノザメ」が複数捕獲される 科学者らが魚類調査中に偶然発見

魚類調査中に珍サメ捕獲 合計5匹

台湾南東部近海で、付近の魚類調査を行っていた科学者らが偶然にも「ワニグチツノザメ(学名: Trigonognathus kabeyai」を捕獲したという。

捕獲されたのは合計5匹。この種の生物は主に深海に生息しているため非常に珍しく、生態に謎の多い生物。

今回、このワニグチツノザメを捕獲したのは台湾南東部に位置する台東県近海で魚類調査を行っていたFisheries Research Institute (FRI) の科学者たち。

彼らはトロール船で魚を捕獲していた所、偶然にもこの珍しいサメを合計5匹捕獲することに成功したという。5匹の全長は26.2〜32.6cm。捕獲された個体の内1匹は生きていたため約10℃の海水に浸けて延命を行っていたが、翌日には死んでしまったという。

FRIによると、このサメの歯の構造は他のサメとは異なっており非常に鋭く針状であることから英名でViper dogfishと呼ばれるようになったとのこと。

また、このサメは昼と夜でこのなる水深の海域に生息しており、昼は水深約300〜400メートルの深海で身を潜め。夜間は水深約150メートルの比較的浅い場所で獲物をさがすという。

その際、体に持つ複数の発光器で獲物をおびき寄せたり、捕食者から身を隠したり、仲間とコミニュケーションをとっていると推測されているが、詳しいことは分かっていないとのこと。

http://aqua2ch.net/archives/51323757.html
 

 ヒエッ…(;´Д`)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット, 動物, 動画