sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

蚊には蚊を。2,000万匹の蚊を放して蚊を減らす計画をGoogleが米国で実施

   

蚊には蚊を。2,000万匹の蚊を放して蚊を減らす計画をGoogleが米国で実施

Google/Alphabet傘下で生物研究を行なうVerily Life Sciences、および蚊の研究を行なうMosquitoMateは14日(現地時間)、害虫を減らすプロジェクト「Debug」の実証実験として、「Debug Fresno」をアメリカ・カリフォルニア州フレズノ郡で開始した。

メスの蚊はほかの生物の血を吸って生きているが、この際血液中の病原体ウイルスも摂取するため、伝染病の媒介となりうる。実は、人間の命を最も多く奪っている動物が蚊であり、その数は1年間で数百万人に上る。Debugプロジェクトは、血を吸う蚊を減らすのを目的としている。

昆虫を不妊にする(不妊虫放飼:Sterile Insect Technique:SIT)ことで数を減らすというアイデアは1950年代から存在しており、すでにハエなどの昆虫に適用されてきた。仕組みは単純で、不妊の昆虫を人工的に増殖し野外に放つ。野外にいる昆虫がその昆虫と交尾しても子は残せないので、次世代には絶滅するというものだ。

Debugプロジェクトでは、バクテリアの1種であるボルバキアを利用し、蚊を不妊にする。そしてボルバキアに伝染した蚊を大量に飼育・生産し、そのうち血を吸わないオスのみを選別して野外にリリースする。なお、リリースについても独自のソフトウェア/モニタリングツールを開発し、その地域に最適な数をリリースする。その後、正常に数を減らしているかどうかをモニタリングする。

Debug Fresnoでは、ジカ熱やデング熱、チクングニア熱といった伝染病を運ぶネッタイシマカをターゲットにした。20週間かけて2つの近隣地域、面積にして300エーガー(約122万平方m)をカバーする。1週間に100万匹のオスの蚊をリリースするため、20週間で合計2,000万匹の蚊をリリースすることになる。

MosquitMateは2016年に、フレズノ郡のConsolidated Mosquito Abatement District(蚊を減らす団体)と共同で小規模なテストパイロットを実施したが、今回のプロジェクトはその25倍におよぶ。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1071580.html

「仕組みは単純で、不妊の昆虫を人工的に増殖し野外に放つ。野外にいる昆虫がその昆虫としても子は残せないので、次世代には絶滅するというもの」この方法は沖縄で農業害虫のウミリバエを根絶した実績もあるらしい。ほんと凄いよね。

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット, 健康