【これは酷い】カナダ・バンクーバーで売られている魚介類、その4分の1が誤った種名で売られていた事が明らかに

【これは酷い】カナダ・バンクーバーで売られている魚介類、その4分の1が誤った種名で売られていた事が明らかに

安価な代替魚ティラピアを高価なフエダイなどの魚と表記し販売するケースが多い

カナダ南東部に位置する活気溢れる西海岸の港湾都市バンクーバー。海に面していることから漁業も盛んで、多くの食料品店やレストランで様々な魚介類が提供されているという。

しかし今回、地元の大学が行った最新の調査によると、バンクーバーで提供されている魚介類の約4分の1が誤った名前で表記されていることが明らかになったという。

ブリティッシュ・コロンビア大学、Lu Food Safety&Health Engineering Labの研究者らによって行われた今回の研究。

研究者らはバンクーバーにある食料品店やレストランから魚やその他の魚介類281個のサンプルを集めDNA検査を行った。その結果、281検体のうち70検体が間違った名前で表記され販売されていたことがわかったという。

中でも最も多かったのが『フエダイ科(snapper)』という販売表記でティラピアなどの安価な代替魚を販売していたケースで、その数は34検体中31検体もあったという。

今回の研究論文筆頭著者である博士候補生Yaxi Hu氏は、この他にも魚が実際にどこで捕獲されたかなど店舗ラベルに関する情報をもっと調べたいと述べている。

404 Not Found | このページは存在しないか、すでに削除されています

 

日本の回転寿司なんてこんなもんじゃないよな(;^ω^)

コメント