sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

うつ病の人に言ってはいけない3つのタブー言葉

   

うつ病の人に言ってはいけない3つのタブー言葉

うつ病で気持ちが落ち込んでいる人は相手の言葉に過敏になっている事が少なくありません。場合によっては、相手を思いやって言った言葉が逆に相手を追い込んでしまう事もあります。 ではいったい、どんな言葉が相手を傷つけてしまうのでしょうか? うつの人にいってはいけないタブーの言葉と、その理由について解説します。

■うつ病の人へのタブーの言葉1:うつを軽視する言葉
・誰でも時には気分が落ち込むもの
・たいした問題ではない
・世の中にはあなたよりもっと困っている人がいるのよ
・いったいどうしちゃったの?
・カラオケにでも行かない? 落ち込んだ時はそれが一番!

■うつ病の人へのタブーの言葉2:感情的な言葉
・せっかくあなたの為に作ってあげたのに……
・いい加減にして!
・私を困らせたいだけなの?
・役立たず
・あっちへ行って
・だらだらしていないで、何かしたら?

■うつ病の人へのタブーの言葉3:励ましの言葉
・頑張って!
・たまには笑顔を見せて
・元気を出して

詳細は記事に
https://allabout.co.jp/gm/gc/302271/

あれはダメこれはダメ言うより、どう接したらいいのかを教えて欲しい(;・∀・)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット, 健康