【ハゲ対策】男性が薄毛対策にかけているお金、20代は5549円、30代は4074円、40代で諦め

男性が薄毛対策にかけているお金、20代は5549円、30代は4074円、40代は?

ある時ふと洗面台の鏡を見て、生え際に目がいく。「もしかしたら結構キテる……?」そう不安に思ってすぐに手鏡やスマホを手に取り、一生懸命、頭頂部を確認しようとした経験、あなたにもあるのではないだろうか?

そんな多くの人が気になる「薄毛」についてのアンケート調査が今回、 20~69歳の男女を対象に実施された。

なお、調査を行った「ホットペッパービューティーアカデミー」では、半年に1回実施している美容サロンの利用実態調査「美容センサス」をはじめ、世代別の消費価値意識など美容に関するさまざまな調査・分析、さらにはそこから見えた消費者の動向やトレンドの兆しが発信されている。

薄毛に関しては、男女ともに美容サロンでの「薄毛対策」への関心が高まっていることから、4年前より定期的に調査が行われている。

自身が「薄毛である」と答えた人のボリュームは男性約27%、女性約10%と男性が高い

全回答者を対象に、「自分の体の現状」について尋ねる調査が行われたところ、男性では「薄毛である」が26.5%で最多に。以降、「薄毛である、かつ薄毛を気にしている」(20.3%)、「薄毛である、かつ薄毛対策をしている」(12.1%)と続いた。

一方、女性では「薄毛である」(9.5%)、「薄毛である、かつ薄毛を気にしている」(8.7%)、「薄毛である、かつ薄毛対策をしている」(5.4%)と続いた。

薄毛が気になりだしたきっかけは?
現在「薄毛である」と回答した人を対象に「薄毛が気になりだしたきっかけ」について尋ねる調査が行われたところ、男女ともに、最多だった「鏡を見ていた時」を除くと、他人からの指摘で気になりだしたというケースも多かった。家族や友人から言われて、薄毛と向き合い始める人は多いようだ。

薄毛が気になりだした年齢、男性平均は38.2歳、女性平均は41.4歳
現在「薄毛である」と回答した人を対象に、「薄毛が気になり始めた年齢」を尋ねる調査が行われたところ、、男性で40代前半がもっとも多く、女性では50代前半が最も多いという結果となった。やはり、女性よりも男性のほうが早いうちから薄毛を気にし始めるようだ。

薄毛のために行う行動として、男性の方がより市販の薬剤などを使用する傾向が高い
薄毛のために行う行動としては、男女いずれも市販品や自宅でできるケアが上位となったが、男性の方が より市販薬や薬剤の使用をする傾向が高いことがわかった。

薄毛の原因は男性、女性ともに「加齢・老化」が1位となった
「薄毛の原因」は何だと思うかと尋ねる調査が行われたところ、どちらも1位は「加齢・老化」となりながらも、2位には、男性「遺伝」、女性「ホルモンバランスの乱れ」と男女の特徴の違いが表れたデータとなった。

現在薄毛対策にかけている金額、男性20代で最も多く5,549円
薄毛対策にかかっている金額と、薄毛対策にかけてもよい金額の上限を尋ねる調査が行われた。男女いずれにおいても、実際にかけている金額より、薄毛対策にもっとお金をかけてよいと考えていることが分かった。

現在かかっている金額、薄毛対策にかけてもよいと思う金額の上限の回答では、ともに20代男性が最も高く、男性は若年の方が危機 感があることが明らかに。

■研究員よりコメント
今回の調査でも、薄毛対策に実際にかけている金額と、かけてもよいと考えている金額では20代男性で1,000円以上、30代男性では約1,500円の開きがあり、昨年同様、若い層で危機感を持っていることが分かる結果となりました。

また、「薄毛である」と答えた人のボリュームは、男性で約27%、女性では約10%と、男性の方が薄毛を自覚している割合としては高いものの、「薄毛を気にしている」、「対策をしている」割合は女性が増加傾向にあるとの結果になりました。(「ホットペッパービュー ティーアカデミー」研究員 岡本 華奈子)

<調査概要>
■対象者条件:全国20~69歳男女、現在「薄毛である」と回答した人
薄毛に関する意識調査2019 <調査対象> スクリーニング:50,000人 ※人口動態に基づき性年代を割付 本調査:2,063人 ※スクリーニング調査での出現率をもとにウェイトバックを実施
<調査期間> スクリーニング:2019年6月7日(金)~2019年6月10日(月) 本調査:2019年6月11日(火)~2019年6月12日(水)

https://dime.jp/genre/751411/

sakamobi
sakamobi

40代でハゲるかフサフサかある程度審判が下されるからな…😅😅😅

コメント