イギリス、竹を庭に植えるブーム到来→繁殖力がすごくて庭を破壊しまくり社会問題化

英国で竹ブーム、驚異の繁殖力で近所トラブルも

英国では竹ブームの影響で、近所トラブルが増加していると専門家が警告している。

見た目も良く、成長も早いことから竹を花壇に植えるガーデニング愛好家が増えている。また、詮索好きな隣人の視線を遮るのにも竹は最適だ。

だが、竹は成長が非常に速く、地下茎によって繁殖する。この地下茎は自分の庭だけではなく近所の庭に浸食する可能性もあり、注意深く管理をしないと迷惑になりかねない。英国ではイタドリ(Japanese knotweed)が繁殖力の強さで知られているが、竹は「新イタドリ」と呼ばれるようにまでなっている。

だが、園芸店やタレントは竹を売り込んでおり、庭を破壊する竹の価格は上昇し続けている。

イタドリなど侵入種の除去を行う英企業「ザ・ノットウィード・カンパニー」のジム・グレイスター地域担当責任者は、最近になり庭から竹を駆除してほしいという依頼が増えており、差し迫った問題となっていると話す。

「竹は繁殖力が強く、中には極端に繁殖力が強い種類もある」と、グレイスター氏はサンデー・テレグラフに語った。竹が隣人の庭にまで侵入し、隣人同士の醜い争いにまで発展したこともあるいう。

グレイスター氏は顧客の中には、竹が原因で隣人に法的措置を取った人も複数いると指摘した。あるカップルは、現在住んでいる家の前の所有者が、嫌いな隣人への嫌がらせに意図的に竹を植えてから引っ越したことに気付いたという。

英国王立園芸協会(RHS)の造園設計士の資格を有するジャック・ウォーリントン氏は、サンデー・テレグラフに次のように話した。「竹の管理は比較的簡単で、茎を切って根を掘り出せばいい。だが、継続的な闘いとなる。厚手のブチルゴム製シートを埋めて壁を作ればいいが、1メートルほどの深さにする必要がある。それでも、竹がさらに深く地下茎を張り巡らせる可能性もある」

竹はイタドリのように侵略的外来種指定されていないため、売り上げも増加しており、問題は大きくなる一方だ。さらに、竹は隣の家の日光を遮る可能性もあるが、生け垣関連法で規制されているわけではないので、これも違法とはされない。また、イタドリとは異なり今のところ庭に竹を植えることや竹を購入することは制限されておらず、園芸店は販売促進も行うことができる。

英環境・食料・農村省(DEFRA)の広報担当者は「竹は丈夫で成長が早い植物ではあるが、英国の野生生物や社会経済的利益に対し著しい脅威を与えるとは考えられていない。このため、自然環境で育てると違法とされる植物の中に竹は含まれていない」

「だが、管理されなければ個々の状況において厄介な存在になるということはもちろん理解している。このような事態が発生した場合、竹を植えている所有者に協力を仰ぐことが最初にすべきことだ」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190811-00010000-clc_teleg-int

sakamobi
sakamobi

造園業者が竹を地植えするときは、先ず穴を掘ってドラム缶を埋め込み、その中に植えます。そうしないと繁殖しまくって床もぶち抜かれるからね😰😰😰

コメント