“疲れていると動いて見える”と話題の画像、本当は逆?

 実際に画像を見てみると、左側の球体や中央の柱のような部分、後ろの壁面が動いているように見える人もいるだろう。しかしこれらは目の錯覚で、決して画像は動いていない。

Twitterでは「疲れていると動いて見える」と話題を呼んでいるが、この説は本当なのだろうか? 立命館大学 総合心理学部の北岡明佳教授に疑問をぶつけてみると「そのような証拠はこれまで知られていない」といい、「むしろストレスがかかると眼球運動が抑制されることで、逆に錯視が起きにくい感じがする」との回答だった。

そう言う北岡教授は錯視研究の第一人者。北岡教授が作った画像も見てみてはいかがだろうか。

「疲れていると動いて見える」と話題の画像 専門家が回答 - ライブドアニュース
ライブドアニュースは、幅広いジャンルのニュースをいち早くお伝えします。わかりやすさ、読みやすさにこだわり、記事の核心をまとめた要約をつけています。

 

そうだろうなとは思ってたけど、やはり“動いているように見える”のが正常らしいです👍

コメント