【悲報】内村航平「土下座して謝りたい。体操はもういいかなと思った」鉄棒落下、予選落ち

スポンサーリンク

内村航平「体操はもういいかな」 鉄棒落下で予選落ち 一問一答

スポンサーリンク

東京オリンピック第2日の24日、体操の男子種目別予選が有明体操競技場であり、個人枠で鉄棒に出場した内村航平(ジョイカル)は演技途中に落下して13・866点にとどまり、決勝に進む上位8人に入れなかった。

内村は競技後のインタビューで「(代表選考で落選した仲間に)土下座して謝りたい。(試合を見ていて)心ここにあらずだった。体操はもういいのかなと思った」などと語った。

スポンサーリンク

内村との主なやりとりは次の通り。

――どんな思いか。

◆(代表の座を争った)米倉(英信)に土下座して謝りたい。僕としては、代表が決まってから強い気持ちでやってきたつもりだが、本当に「つもり」だった。やってしまったことは、とりかえしがつかない。これ以上オリンピックで演技することはできないし、試合も見ていましたけど、若干、心ここにあらずで、後輩たちの演技も見ていた。

――仲間とハイタッチする姿もあった。

◆それくらいしかできない。(仲間の演技を)見ている中で、もう体操はいいのかなみたいに思ってしまった。もう、やることではなくて、後輩たちに伝えていかないといけない立場だと思った。

スポンサーリンク

――後輩にはどんな言葉を残すか。

◆僕が過去に団体で出たのは3回だが、予選1位通過はないので、それを初出場でやってのけたのは本当にすごいこと(予選2班終了時)。彼らの演技から、すごい気持ちが伝わってきた。だからもう、本当に心配はいらないのかなというふうに見ていた。

――テレビの前の人たちへ。

◆もう土下座しますよ。それくらいもう、本当に申し訳ない。でも、もう僕はたぶん主役ではないので、団体の4人、亀山(耕平)は(現時点で)決勝に残っている。もう彼らが主役。オリンピックはこれまで2連覇しているけど、過去のこと。それは彼らが越えていかなければいけないところなので、今日はそれを見させてもらったということ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6f194e79703d7a8e372379eac6f7c08cbbc7c121?tokyo2020

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

謝る必要はないよ😭😭😭

コメント