気象庁「台風19号を命名します!」 42年ぶり

スポンサーリンク

気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

スポンサーリンク

気象庁は15日、全国で甚大な被害をもたらした台風19号の名称を定める方針を決めた。台風に名前を付けるのは1977年の「沖永良部(おきのえらぶ)台風」以来42年ぶりとなる。当面は19号の表記を使い、来年5月までに定める。

スポンサーリンク

気象庁は昨年、台風の名称を定める基準を「大規模損壊1000棟以上、浸水家屋1万棟以上、相当の人的被害」などと設定した。台風19号は15日時点で多数の犠牲者が出て浸水家屋も1万棟を超える見込みで、基準を満たすと判断した。

2011年の台風12号は紀伊半島で88人が犠牲になったが、当時は人的被害の基準がなく命名されなかった。今回の台風19号は「令和元年○○台風」となる見込み。被害が広範囲に及ぶため、名称の選定は難航が予想される。

スポンサーリンク

鹿児島県の沖永良部島を襲った77年の沖永良部台風は、人的被害は大きくなかったが、損壊家屋は5000棟を超え、島の約半数の住居が全半壊した。

https://mainichi.jp/articles/20191015/k00/00m/040/190000c

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

こんな事にも文句言ってる奴、長く記憶に留め、将来に渡って防災の意識を高める為やぞ!😤😤😤

コメント