【画像】 四国、台風10号を一身に受け止めてくれる

台風10号 あす西日本に上陸・縦断か 総雨量1200ミリ超も

大型の台風10号は、暴風域を伴って西日本に接近していて、15日には上陸、縦断する見込みです。四国や紀伊半島を中心に降り始めからの雨の量が多いところで1200ミリを超える記録的な大雨になるおそれがあります。土砂災害や川の増水、暴風や高波などに警戒し、雨や風が激しくなる前の今のうちに安全な場所に避難するようにしてください。

気象庁によりますと、大型の台風10号は、14日午後7時には、鹿児島県の種子島の東190キロの海上を、1時間に20キロの速さで北へ進んでいるとみられます。

中心の気圧は965ヘクトパスカル、最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートルで、中心から南東側280キロ以内と北西側170キロ以内では、風速25メートル以上の暴風が吹いています。

台風からの湿った空気の影響で、西日本の太平洋側を中心に局地的に雨雲が発達し、14日午後6時までの1時間には、和歌山県が田辺市に設置した雨量計で41ミリ、奈良県が上北山村に設置した雨量計で30ミリの激しい雨を観測しました。

また、風も強まり、種子島で14日午後4時半ごろに25.3メートル、宮崎空港で午後6時半ごろに24.7メートルの最大瞬間風速を観測しました。

台風は、今後も北上を続け九州や四国に接近し、15日には上陸して西日本を縦断する見込みで、台風本体や周辺の発達した雨雲がかかる地域では局地的に1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降るおそれがあります。

15日夕方までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、
▽四国で1000ミリ、
▽東海で700ミリ、
▽近畿と九州北部で500ミリ、
▽九州南部で400ミリなどと予想されています。

その後、16日夕方までの24時間には、
▽近畿と東海で300ミリから500ミリ、
▽四国で300ミリから400ミリなどと予想され、
降り始めからの雨量は、四国や紀伊半島の南東斜面を中心に多いところで1200ミリを超え記録的な大雨になるおそれがあります。

また、瀬戸内地方などふだん、雨の少ない地域でも大雨になるおそれがあります。

さらに、15日にかけて西日本の太平洋側を中心に猛烈な風が吹く見込みで、最大風速は、
▽四国で30メートル、
▽九州北部と九州南部で27メートル、
▽近畿と中国地方で25メートル、
▽東海と北陸で22メートルなどで、
最大瞬間風速は35メートルから40メートルと予想されています。

海上はすでに大しけとなっていて、15日にかけての波の高さは
▽四国で10メートル、
▽九州北部と九州南部、近畿、東海で9メートルと猛烈なしけが予想されています。

また、15日は大潮の時期にあたるため海岸や河口付近の低地では、高潮のおそれがあります。

土砂災害や川の増水、低い土地の浸水、暴風や高波、高潮に警戒し、雨や風が激しくなる前の今のうちに安全な場所に避難するようにしてください。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190814/k10012034201000.html

sakamobi
sakamobi

四国の方、お気を付けて…😨😨😨

コメント