sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

極めて稀な“2つの頭を持つ”エビ「ツインヘッドシュリンプ」が発見される!!!-オーストラリア

   

極めて稀な“2つの頭を持つ”エビ「ツインヘッドシュリンプ」が発見される!!!-オーストラリア

エビに詳しい専門家らも初めて見るという極めて珍しいエビが発見された!

7月7日、海外メディアはオーストラリア、クイーンズランド州の水族館で極めて稀だという『2つの頭を持つエビ』を水族館内の生物に与える餌の中から発見したという。

このエビが発見されたのは、オーストラリア・クイーンズランド州のタウンズビルにあるReef HQ 水族館。

発見者の飼育員Laura Coltonさんは発見当時のようすをこのように語る。
「私はその時、担当であったカリフォルニアドチザメの稚魚に与える餌を準備していました。容器から、餌のとなるエビを一掴みしたとき、その中に2つの頭を持つエビを発見しました。」

「私は当初それを信じることができず、2つのエビがくっついているのだろうと思いましたが、何度確認しても間違いなくそれは2つの頭を持つエビだったのです。」

Laura Coltonさんを含めた同水族館の全ての職員は、このようなエビを見たのは今回が初めてであったという。

Reef HQ 水族館はこのエビを公式フェイスブックアカウントにて公開。すると、多くのいいねやシェアされ、広く拡散し話題となったという。

「双頭エビは極めて稀である。」

今回、このようなエビが発見された件について、豪州ジェームズクック大学教授でエビ繁殖に関するオーストラリアの研究評議会のディレクターであるDean Jerry博士はこのように語る。
「私は毎年エビを何百万匹と養殖する漁民たちを知っているが、今日彼らに話しを伺った所、彼らはこのような双頭エビを見たことが無いと話していた。」

▼2つの頭を持つエビが誕生した原因について、
原因については、Dean Jerry博士は哺乳類の双頭個体や人間の結合双生児と同じように、受精卵の発源異常が原因であると推測している。

しかし、より詳細な情報は現段階においては不明であるため、このエビの遺伝子検査を実施したいとの考えであるとのこと。

この発見に一部の海外ネットユーザーからは「福島原子力発電所の事故によって海に流出した放射性物質が原因ではないか」という意見が出ているというが、Dean Jerry博士は「放射線が変形に起因する可能性は低い」と述べている。

現在、この極めて珍しい『2つの頭を持つエビ』はReef HQ 水族館で保管されている。

http://aqua2ch.net/archives/47964970.html

ただの奇形っぽいけど、これどうやって脱皮したんだろ?(;・∀・)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット, 動物