ツキノワグマを飼育していた茨城県民宅で飼育員が襲われ死亡

「助けて」オリから悲鳴、クマに襲われ男性死亡

2日午前10時半頃、茨城県取手市野々井の民家敷地内にあったオリで、同市稲、盛宗一郎さん(56)が世話をしていたツキノワグマに襲われた。盛さんは頭に大けがを負い、搬送先の病院で死亡した。

取手署の発表によると、近隣住民が「助けて」という悲鳴を聞いて駆けつけたところ、オリの中で頭から血を流して倒れている盛さんと、15歳の雄のツキノワグマ(体長約1メートル30、体重約110キロ)を見つけた。クマの飼い主は民家の男性(70)で、飼育する許可を県から受け、盛さんに世話を依頼していたという。

https://www.yomiuri.co.jp/national/20181202-OYT1T50074.html

 

なんでクマなんて飼ってたんだろ…しかも世話を他人に任せるって(;´Д`)

コメント