TSUTAYA 「動画見放題」で不当広告 ヒドイ!見放題は全動画の12~26%だった

TSUTAYA 「動画見放題」で不当広告 ヒドイ!見放題は全動画の12~26%だった

「動画見放題」で不当広告=TSUTAYAに措置命令-消費者庁

レンタル大手「TSUTAYA(ツタヤ)」の動画見放題サービスで不当な広告表示があったとして、消費者庁は30日、運営会社「TSUTAYA」(東京都渋谷区)に対し、景品表示法違反(優良誤認など)で再発防止を求める措置命令を出した。見放題は一部の動画だけだったという。

同庁によると、動画見放題プランでは遅くとも2016年4月から今年1月まで、定額料金を支払って契約すれば、ネットを通じた配信サービス「TSUTAYA TV」で動画が見放題となるかのような表示をしていたが、対象は全動画の12~26%程度だった。人気作品のランキングに掲載された作品は全て対象外だった。
同庁によると、同社は見放題の表示について「対象が無制限なのではない。対象作品を追加料金なしでいつでも繰り返し見られるのが見放題だ」と説明したという。同社は、2017年1~12月に利用者から苦情が251件寄せられたとしている。
同社は「真摯(しんし)に受け止め、直ちに改善活動を行っていく」とするコメントを出した。

時事ドットコム

 

>動画が見放題となるかのような表示をしていたが、対象は全動画の12~26%程度だった。

悪質やな…(#・∀・)

コメント