sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

「君が美しすぎて妻が嫉妬」カイロ施術院が美人ヨガ講師を解雇 裁判沙汰に(米)

   

「君が美しすぎて妻が嫉妬」カイロ施術院が美人ヨガ講師を解雇 裁判沙汰に(米)

雇用主と美しく若い従業員がデキてしまい、それが妻にバレて従業員がクビに。そこで彼女が夫との純愛を訴えて裁判に発展…。世の中にはこうした話がいくらでもあるが、米ニューヨークのあるカイロプラクティック施術院で展開された解雇騒動はそれとはやや異なっていた。雇い主は真剣な表情で理由を「君があまりにも美しすぎることが問題なんだ」と告げたのだ。責められても困る、そんなことが解雇の理由となり得るのかと女性はただ苦しんだという。

2014年2月に欧米のメディアが大きく取り上げたこの騒動。「美しすぎる」などという理由で、ヨガインストラクターおよびマッサージセラピストの職を失ってしまったのは、NYマンハッタンにある「ウォールストリート・カイロプラクティック&ウェルネス(Wall St. Chiropractic and Wellness)」に2012年4月から働いていたディレク・エドワーズさん(当時32歳)であった。この施術院の院長であるチャールズ・ニコライさんは元プレイボーイ・モデルのステファニー・アダムズさんを妻に迎え、彼女も助手として働いていたなか2013年6月にチャールズさんはディレクさんを呼んでこう告げた。

「妻がどうやら君に嫉妬している。君はあまりにもキュートだから嫌がらせなど起きないといいが…。僕が事故に遭った後に君からヨガの施術を受けていたことも内緒にしておいて欲しい。」

その年の10月、ディレクさんは「私の夫や家族に接触してきたら絶対に許さないから。これは警告よ」といった脅しのメールをステファニーさんから受け取った。ステファニーさんはプレイボーイ誌の“Miss November 1992”に選ばれた褐色のセクシー美女。そんな女性から嫉妬されるのは光栄だが、院長に不純な気持ちを抱いたことは全くなかったディレクさん。良好だった雇用関係が従業員の外見や性的魅力、妻の嫉妬でグラつくことに納得がいかなかったという。

また、ステファニーさんが警察に「ディレクさんから脅されていて怖い。自宅のカギを交換しなければならなかった」と被害届を提出。ディレクさんは事実無根だとして激怒したが、チャールズさんからも「うちの施術院に君はもう要らない。2度と足を踏み入れないように。その場合は警察に通報する」といったメールが届き、我慢の限界に達したディレクさんは名誉毀損、女性蔑視および不当解雇を理由に施術院長夫妻を訴えることにした。

2016年5月、この案件について意見を求められると最高裁判所の判事は「女性の地位向上を目的としたものではなく性差別への訴えでしかないとしたら、起訴そのものが難しいであろう」と述べていた。マンハッタンの下級裁判も同様の判断によりディレクさんの主張を退けたが、彼女は諦めずに上訴。ニューヨーク州控訴裁判所はその訴えを受理し、今月22日には原告の主張を認める判決を下した。

「そもそもディレクさんなんて相手じゃないわ。私はプレイボーイ誌の“センターフォールド(中央折り込みページ)”を飾ったモデル。その私が嫉妬だなんて」と話し、ディレクさんの自意識過剰を批判していたステファニーさん。だがディレクさんに送った感情的なメールからも、夫が若い美女を雇ったことに苛立っていたのは明白である。妻の嫉妬と夫の意気地なさが従業員の雇用を左右することなどあってよいのか。この裁判のいささか俗っぽいテーマには世間の大きな注目が集まったようだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/13524792/

画像見るがきりだとそれほどでも…(;・∀・)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット