津川雅彦の長女誘拐事件を解決した有能銀行SEの発言、身震いするほどかっこいい

1: 名無しさん@MD :2018/05/20(日)19:59:49 ID:2Hm
1974年8月15日午前3時、東京都世田谷区の津川雅彦・朝丘雪路宅2階から長女・真由子(まゆこ・当時生後5カ月)が誘拐され、身代金500万円が要求される。
犯人は身代金を第一勧業銀行(現:みずほ銀行)の偽名口座に振り込むことを要求

当時のオンラインシステムから得られる情報では取引の行われたCD機を特定できなかった

しかし第一勧銀事務センターのSEが、CD機の営業時間終了の8月15日17時を待って突貫作業でソフトウェアを書き換え、
翌日8月16日には取引CD機が特定できるようにし、
第一勧銀と子会社の常陽銀行のオンラインシステムが更新された。

この結果、8月16日正午、第一勧業銀行東京駅南口出張所のCD機から2000円、
続いて29万円を引き出されたことが判明。
張り込みの刑事が直ちに該当する男性の身柄を確保
誘拐された娘は41時間ぶりに発見され無事に保護された。

津川雅彦長女誘拐事件

SE有能過ぎて草 ハリウッド映画一本作れるレベルやろ

10: 名無しさん@MD :2018/05/20(日)20:03:53 ID:Kvi
しかもこれ、SEは独断でプログラムの製作を開始したんよな。
顧客の情報に関わる事だから当初は許可なんておりるわけなかった
それで捜査が手づまりになって銀行側も窮地に立たされた瞬間、更新ファイルの入ったフロッピー持って
本店に「これを使え、責任は俺が取る」って辞表と一緒に手渡した

23: 名無しさん@MD :2018/05/20(日)20:20:22 ID:Kvi
かっこええよな。犯人逮捕された時の犯人に対するSEのコメントが「なめんじゃねえよ」やからな。
あれがきっかけで銀行のシステムの防犯性が相当向上したから
皆も感謝せなあかんで 

 

かっこヨ(*´艸`)

コメント