トランプ大統領が怒濤ツイート 「1時間に50回」バイデン氏批判

スポンサーリンク

トランプ大統領が怒濤ツイート 「1時間に50回」バイデン氏批判

スポンサーリンク

連日の大規模集会の壇上に上がったトランプ大統領。

満面の笑みで、その表情に疲れは感じられない。

支持者「We love you! We love you!」

トランプ大統領「今夜はたくさん人がいるなぁ」

大統領レースに本格復帰したトランプ氏は10月13日、フロリダに続き、激戦州・ペンシルベニアで大規模集会を開いた。

スポンサーリンク

多くの支持者たちの真横に横付けされた大統領専用機エアフォースワンから笑顔で登場。

余裕のガッツポーズも見せながら、支持者たちの前へ降りてきた。

すると、前日と同様に特製マスクを手裏剣のように投げ始めた。

感染対策の徹底をアピールしているつもりなのだろうか。

しかし、集まった支持者たちは肩が触れ合うほどの密状態で、ノーマスクの支持者もちらほら…。

スポンサーリンク

そしてトランプ大統領は、ここでも新型コロナウイルスを軽視するような発言を繰り返した。

トランプ大統領「治療薬を飲んだときは、スーパーマンのような気分になった」

こうした言動や密状態の集会に批判の声が上がる中、トランプ大統領はライバルであるバイデン氏を痛烈に批判した。

トランプ大統領「私は大統領政治の歴史上、最悪の対立候補と選挙戦を戦っている。あんなやつ(バイデン候補)に負けたらどうなるか想像できるか。信じられない! 不快だ! 不名誉だ! ホワイトハウスでのあと4年を勝ち取るぞ!」

スポンサーリンク

実はこの集会が行われた13日の明け方、トランプ大統領はツイッターでもバイデン氏を批判した。

「バイデン氏は愛想もなければ親切でもなかったから、明らかな“認知症”進行中の者が大統領など受け入れられないだろう」(トランプ大統領のツイート)

これを手始めに、1時間に50回も連続ツイートした。

この振る舞いについて、地元メディアは「焦りの裏返し」と報じている。

スポンサーリンク

一方、バイデン氏はトランプ大統領とは対照的な集会で支持固め。
会場に詰めかけたのは多くの車。

バイデン氏は密集を防ぐため、連日“ドライブイン集会”を開いている。

民主党 バイデン候補「ハロー!フロリダの皆さん!」

バイデン氏があいさつをすると、辺りに響いたのは、歓声ではなく…車のクラクション。
コロナ禍での新しい集会スタイルだ。

スポンサーリンク

バイデン候補「あなたが将来を決めるのだ! トランプ氏ではない! トランプが大統領である間、彼はさらに破天荒な態度をとるだろう。この“狂気”を終わらせるまであと3週間だ! 投票しよう!」

最新の世論調査で、全米の平均支持率では、バイデン氏が51.6%に対し、トランプ大統領は41.6%と、バイデン氏が10ポイントをリードしている。

残り3週間でトランプ大統領がどこまで巻き返せるのか。
選挙戦はまさに大詰めを迎えている。

スポンサーリンク

加藤綾子キャスター「トランプ大統領のツイートの内容ですが、明け方5時59分から1時間にわたり50回ものツイートをしました。バイデン氏は認知症だと決めつけるなど、その後もずっとバイデン氏を批判した記事、それからコメントをリツイートしたものを、1時間に50回も行っているということなのですが…これがトランプ流なのか、焦りなのか、どうとらえたらいいですか?」

スポンサーリンク

上田紀行 東工大リベラルアーツ研究教育院長「焦りだと思いますが、うそでも何回も何回も言われていると、だんだんだんだん信じてきちゃうんですよ。やっぱり認知症なのかなって。支持者の中では、ますますやっぱりそうなんだというふうになりますから、そういう意味での効果はあると思うんですね。あとは、やっぱりコロナから、危機からよみがえってきたので、もう何でもやれちゃうというか」

スポンサーリンク

加藤綾子キャスター「吹っ切れているってことですか」

上田紀行 東工大リベラルアーツ研究教育院長「ピンが外れている感じがしますよね」

加藤綾子キャスター「投票日まであと3週間切っているわけですが、この姿を見てアメリカ国民がどう判断するのか、注目です」

https://news.yahoo.co.jp/articles/3977d1789ad92b89eedbd18597760f511bd55489

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

狂人・トランプ vs 認知症・バイデン
😰😰😰

コメント