sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

【閲覧注意】オーストラリアで海水浴客が熱帯魚に手の肉を噛みちぎられ皮膚移植を受ける事態に ← これは痛い

   

サンゴ礁の美しい熱帯魚が、海水浴客の手をガブリッ

日本など北半球は現在冬真っ只中ですが、南半球では今が夏本番、多くのビーチでは海水浴客などによって賑わっている。

そんな中、オーストラリアのサンゴ礁で海水浴を愉しんでいた女性が突然熱帯魚に襲われ、手の肉をえぐられてしまうという事故が発生したという。

事故が発生したのは昨年11月26日。場所はクイーンズランド州北部のPort Douglas。ここは世界最大のサンゴ礁帯であるグレート バリアリーフを有する有名なビーチリゾート地だ。

Julie Pochet(39歳)さんはこの海のサンゴ礁を泳いでいた所、入水からわずか10秒後に熱帯魚によって襲われてしまい、手のひらの肉をえぐられてしまったという。

女性はその後救急車でモスマン病院へ搬送され診察を受けた所、その傷があまりにも大きいことからケアンズ病院で皮膚移植を受けることとなったという。

閲覧注意:女性が熱帯魚に噛まれて負った傷
https://sakamobi.com/wp-content/uploads/2018/01/2-22.jpg

▼女性を襲った魚は一体なに?
豪州ジェームズクック大学のサンゴ礁魚類専門家David Bellwood教授によると、これはTriggerfishes(モンガラカワハギ科)の魚による仕業の可能性が高いという。

この魚は硬い貝類やサンゴ礁などを噛み砕くことのできる鋭い歯と強力な顎を持っていることで知られており、時には卵のある巣を守るために人間を攻撃することがあるという。

海水浴でよく危険とされる生物はサメやクラゲなどですが、サンゴ礁に生息する美しい熱帯魚であっても油断は禁物のようだ。

http://aqua2ch.net/archives/51353212.html

ヒエッ…めっちゃ痛そう(;´Д`)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット, 動物