sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

【動画あり】「頭皮マッサージは薄毛に効く」は正しかった! 頭に刺激を与えると「髪を生やせ!」という命令が発信される事が判明

   

女性も男性も気になる、”髪の毛事情”

特に、若い頃はツヤツヤ、フサフサだった髪がいつの間にかボリュームダウンして、枕には抜け毛が…という、「発毛・育毛」に関する悩みは尽きないだろう。

髪についての情報は「朝シャンすると髪が薄くなる」などから「わかめを食べると髪フサフサ」なんてものまで、様々な”都市伝説”が飛び交い、一体何が正しいのかわからなくなっている人も多いのではないだろうか。

そんな中、朗報が届いた。
19年間で190万人の薄毛治療の実績を持つヘアメディカルグループ・日本医科大学形成外科・株式会社アンファーが共同研究し「振動圧刺激が薄毛治療に効果がある」ということを発表したのだ。

振動刺激が効果があるということは、つまり頭皮マッサージも発毛にいいということなのか?
詳しく見ていく前に、そもそも、なぜ年齢と共に”薄毛”になってしまうのか、そのメカニズムからみていく。

“薄毛”の原因はサイクルの乱れ!
髪にはしっかりとした太い毛根ができる「成長期」、毛根が退化していく「退行期」「休止期」を経て抜け落ち、再び成長が始まるというサイクルがある。

しかし、これがうまくいかなくなると太く育つための「成長期」を途中で終えてしまい、「退行期」「休止期」にすぐに入ってしまうのだ。
そのため、太い髪が減ってスカスカに見えてしまう上、だんだんと毛が生える土台が痩せてしまうのが”薄毛”の正体だ。

刺激を与えると「髪を生やせ!」という命令が発信される
今回わかったのは、「振動圧刺激が薄毛治療に効果がある」ということ。
髪が生えてくる根っこの部分には「新しい髪を生やそう」というシグナルを出す「毛乳頭細胞」があって、この細胞が活性化していると髪の成長サイクルが正しく行われ、健康な髪が育つのだという。
実験では、ヒトの毛乳頭細胞に超音波でブルブル…と振動圧を与えたところ、何もしない時に比べて約1.3倍細胞が活性化した。
つまり、頭に刺激を与えると「髪を生やせ!」という命令が発信されるということがわかったのだ。

もともと、マッサージで血行が良くなると、髪にも栄養が行きわたって良い、ということはわかっていたものの、単に「血行促進=発毛効果」ということは疑問視する声もあったのだという。
しかし、今回の実験によって「刺激による血行促進」ではなく、「刺激そのもの」が細胞に働きかけ、発毛に効果的だということがわかったのだ。

そして、発毛剤によく含まれる成分「ミノキシジル」を細胞に投与しても、振動刺激と同じように1.3倍程度細胞が活性化。
さらに、振動との”合わせ技”では平常時の1.5倍ほどに効果がアップすることがわかった。

これは細胞での実験結果だが、現在、マウスでの実験が進んでいるところだという。
実験開始から1カ月の段階では、発毛効果が確認できているとのことで、人間にも効果があることが十分に期待できる。

育毛剤をかけて、クシで頭をトントンと、陰ながら努力していた世のオジサンたちの行為は、実は理に適っていたようだ。

ちなみに、この実験では対象物に触れずに超音波刺激が与えられる機械が使われたが、2021年には自宅で使えるような、小型の「低周波振動圧刺激デバイス」も発売予定だという。

今すぐ始められる「薄毛ケアマッサージ」
さて、この超音波ブルブルマシーンが発売されるのは楽しみに待つとして、薄毛ケアを今すぐ始めたいという方には、日本医科大学形成外科・ヘアメディカルグループの共同研究結果から生まれた、頭皮マッサージ法がある。

このマッサージ法、たとえば頭の中心点にある「百会(ひゃくえ)」というポイントを探して、そこの周りに十字型にある「四神聡(ししんそう)」というポイントをプッシュするなど、全体的に頭のツボを意識したものでコツがいるが、動画で実際の動きがチェックできるので、ぜひ試していただきたい。

 

“朝シャン”めぐる噂はホント?
最後に、「シャンプー」についての”都市伝説”、「朝シャンが抜け毛につながる」ということについて触れておきたい。

結果としては、安心していただきたい。
ヘアメディカルグループによる検証によると、朝にシャンプーをすることは頭皮の環境を良くするため、抜け毛の原因にはならないという。

夜にシャンプーをしても、朝になると頭皮の皮脂は洗髪直後の400倍にもなっているのだという。
皮脂などの汚れは紫外線に反応して酸化し、頭皮と毛根にダメージを与えてしまうので、むしろ朝に余計な汚れを洗い落とすことは意味があることなのだという。

朝シャンはしてOK!
しかし、朝のみにシャンプーをしたり、洗いすぎたりすることは厳禁だ。

夜、シャンプーをしないと汚れが頭皮の炎症の原因になり、抜け毛のリスクが高まってしまう。
また、頭皮を洗いすぎると、足りなくなった分を補おうと過剰に皮脂が分泌されてしまい、毛嚢炎やフケなどの原因になってしまうため、シャンプーは1日2回程度にとどめるのが良い。

そしてシャンプー後は、濡れた髪や頭皮をしっかりと乾かさないと雑菌が増えたり、髪がブチブチと切れてしまう原因にもなる。
頭皮が乾燥しすぎるのも抜け毛の原因になるため、ドライヤーを過剰に当てないよう注意が必要だが、頭皮と髪はしっかりと乾かすことが重要だ。
(「ヘアメディカルグループ 薄毛にまつわる都市伝説検証2018」より)

実は、夏の紫外線や暑さによる寝不足、ストレスなどが表面化してくる秋は「抜け毛の危険」が大きい季節なのだという。
特に今年の秋は、夏の異常ともいえる暑さと紫外線の影響で、例年以上のストレスが頭皮にかかっている可能性がある。

ぜひとも今のうちに、夏にヘタってしまった頭皮を労わってマッサージを始めてみてはいかが。

https://www.fnn.jp/posts/00358581HDK

 

薄毛の方は是非お試しを!😉

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット, 健康, 動画