【悲報】経産省「スポーツ賭博を解禁しよう」観戦マナー崩壊へ

スポンサーリンク

【独自】スポーツ賭博の解禁案、経産省が議論へ…八百長や依存症懸念で猛反発は必至

スポンサーリンク

経済産業省が、スポーツの試合結果やプレー内容を賭けの対象とする「スポーツベッティング(賭け)」の解禁に向けて取りまとめた素案が判明した。スポーツ賭博を通じて放映権料や広告収入の拡大につなげ、スポーツ産業の活性化につなげる狙いがある。だが、八百長やギャンブル依存を招きかねないスポーツ賭博には反対論が強く、スポーツ界はじめ各界の猛反発は必至だ。

素案によると、様々なスポーツのデータを収集する業者がリーグやクラブから試合のデータや映像を購入し、賭けを運営する業者に提供してオッズ(賭けの倍率)を算出する。参加者は試合を見ながらスマートフォンなどで賭けを行う。対象として野球やサッカー、バスケットボールなどを想定している。

スポンサーリンク

経産省はスポーツ庁とともに、7月にも有識者による「スポーツ未来開拓会議」を5年ぶりに再開し、スポーツ賭博の解禁に向けた議論を本格化させる。同会議は2016年に、日本のスポーツ市場の規模(15年に5・5兆円)を25年に15兆円まで引き上げる目標を掲げており、スポーツ賭博の実現に向けた法的な課題などを整理する。

日本の刑法は、賭博を禁じている。競馬や競輪などの公営ギャンブル、サッカーなどのスポーツくじは特別な法律によって例外的に認められている。

スポンサーリンク

一方、欧州を中心に海外ではスポーツ賭博が盛んで、経産省によると先進7か国(G7)でスポーツ賭博が導入されていないのは日本だけだ。慎重だった米国も18年に連邦最高裁がスポーツ賭博を禁じた法律を違憲と判断したことを機に、各州で合法化が進む。背景には、米国のスポーツが海外からの賭けの対象となり、多額の富が流出したとの認識があったとされる。日本のスポーツも海外からの賭けの対象となっており、賭け金は年間5兆~6兆円に上るとの推計もある。

ただ、最近のスポーツ賭博では賭け方が多様化しており、勝敗や優勝者といった結果だけでなく、試合途中の次のプレーなども賭けの対象になっている。一つ一つのプレーが賭けの対象になれば、選手の八百長行為を招きかねない。一つの試合中に賭けの機会が数多く設けられることで、ギャンブル依存症患者の増加が懸念される。

スポンサーリンク

一方、得た財源の一部を地域スポーツの振興や、公立中学校の部活動の運営費用に充てるとの構想もある。

こうした構想を巡り、スポーツ庁の室伏広治長官は6日の記者会見で、「スポーツベッティングは我が国では具体的な設計もまだできていない不安定なものだ。スポーツ庁としては(部活動の休日指導をスポーツ団体などに委ねる)『地域移行』の経費をベッティングで賄うことは考えていない」と強調した。

スポンサーリンク

部活動に詳しい名古屋造形大の大橋基博特任教授(教育行政学)は「子供の部活を理由にスポーツ賭博の合法化を進めるとしたら、とんでもない」と述べ、「子供の教育や健全な発育に必要な運動であれば、国や自治体が公費をきちんと充てるべきだろう」と指摘している。

【独自】スポーツ賭博の解禁案、経産省が議論へ…八百長や依存症懸念で猛反発は必至(読売新聞オンライン) - Yahoo!ニュース
 経済産業省が、スポーツの試合結果やプレー内容を賭けの対象とする「スポーツベッティング(賭け)」の解禁に向けて取りまとめた素案が判明した。スポーツ賭博を通じて放映権料や広告収入の拡大につなげ、スポー
スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

もう純粋にスポーツとして楽しむことはできへんのや😰😰😰

コメント