sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

元NHK登坂淳一アナのセクハラが酷い 無理矢理キス、ブラウスに手を入れ胸を弄りスカートをまくり上げ…

   

元NHK登坂淳一アナのセクハラが酷い 無理矢理キス、ブラウスに手を入れ胸を弄りスカートをまくり上げ…

セクハラ報道・登坂アナの裏顔 契約アナ狙う粘着手口

セクハラ常習犯だった!? お公家さまのような風貌と語り口で知られた“NHKの麿(まろ)”こと元NHKの登坂淳一アナウンサー(46)に、重大セクハラ疑惑が発覚した。今月11日に同局を退職し、4月からスタートする夕方の「プライムニュース」のキャスターとしてフジテレビにヘッドハンティングされたばかり。本紙の取材ではセクハラにとどまらない女グセの悪さ、パワハラ疑惑まで浮上した。“いわくつき”となった格好のフジはもちろん、登坂アナにとっても激震のフリー転身の船出となった。

25日発売の週刊文春は「セクハラ重大事件」と題し、2011年6月、北海道内の飲食店で登坂アナが行ったセクハラ行為の詳細を報じた。

同誌によると、番組の打ち上げの2次会で、10人ほどがいたカラオケ付き飲食店で、登坂アナの両脇には新人の女性契約キャスターが座った。席についた途端に女性のヒザを触り始め、反対側の女性の太ももも触ったうえ、一人の20代女性に「一緒に抜け出さない?」とささやき、女性がトイレに逃げると、登坂アナはトイレ前の廊下まで追い、暴挙に出たという。

「無理やりキスを迫り、ブラウスに手を入れ、胸をまさぐった後、彼女が大声を出せないのをいいことに、スカートをまくり上げ、下腹部へと手を伸ばすのだった」(同誌)

これに登坂氏の弁護士は「性的な内容に関わるのでコメントは差し控える」としているという。

登坂アナの素顔については、NHK関係者が「女グセの悪さは局内でも有名だったから、東京に戻ることはないといわれていた」と語る。東京のアナウンス室を経て10年に札幌放送局勤務となると、14年に大阪、17年から鹿児島と東京に戻ることなく退職。セクハラの舞台となった札幌放送局時代の元関係者が24日、本紙に詳細を語った。

文春報道を知った関係者の間では「NHKにいればセクハラ癖の話も守ってもらえたのに、フリーになったら、あれだけやってればそりゃ出るわ。それも本人のおごり。バカだね~」との会話が交わされているという。

10年3月の札幌赴任直後から登坂アナは酒グセの悪さを露呈。しかも、その標的は文春が報じた通り、立場の弱い若い女性契約キャスターばかりだった。

「お酒の席では初対面で手をつないだり、お尻を触ったりはしょっちゅう。登坂さんは当時、単身赴任で、飲み会の帰り道で『ウチに来る?』と圧をかけられた女性もいました。自分がモテると思い込んでいるから、セクハラの認識がないんです。身内だから絶対にバレないとタカをくくっていたのでは」(同関係者)

被害に遭ったのは札幌放送局のみならず、釧路や旭川などの放送局の契約キャスターにも及び「飲んだ後に“お持ち帰り”した女性もいたそうで、本人は不倫などまったくおかまいなし。ノってこない女性にはしつこくメールでも誘っていたそうです」(同)。

01年に同期NHK職員と結婚した登坂アナは、昨年春に離婚したというが、セクハラ癖に加え「ナルシスト麿」と陰で呼ばれていたプライドの高さ、自信過剰な一面があったという。

「同じ立場の同僚女性アナや、後輩の男性アナなどにはパワハラ。夕方のニュースでコンビを組んでいた女性局アナへの批判が書かれた、視聴者からの声がまとめられていた紙に付箋を貼って“オレがいないとダメだろ”とでも言いたげにアピールしてました。後輩男性アナをエレベーターに押し込んで“壁ドン”のような状態で『なんでお前が発言してるんだよ。オレがコメントするとこだろ!!』とか放送内容に激怒して、スゴんでいたこともありました」(同)

こうした裏の顔はNHK関係者の間では有名だったが“スターアナ”だっただけに、誰も暴走を止められなかったとも。

「東京の人気アナという看板があるから、周囲も何も言えず、被害に遭った女性たちは、登坂さんの気分を害さないように“まぁまぁ”といなして逃げるとか、次からは近くに座らないようにするくらいしか、防御策はなかった。それを目にした女性局アナはみな『気持ち悪い』と白い目で見てましたね。ふつうは身内には手を出さないものなんでしょうけど、登坂さんは逆でしたね」(同)

別のテレビ関係者は「登坂アナは地方のキャバクラで『オレのこと知ってる?』と言い出し『知らない』と言われると『NHKのアナウンサーだよ』と自らひけらかし、口説いていた」とも。

フジテレビも激震だ。

「NHKから処分を受けたことはないという登坂アナからの説明で、問題なしと判断し、新番組は予定通り、スタートさせる方針ですが、世間の反発しだいでは、ショーンKのとき(経歴詐称問題)の二の舞い、放送開始直前に降板の可能性もある」(フジ関係者)

フジの“身体検査”が甘かったというしかない。

【ヘッドハンティングに反対の声も】

4月2日からスタートする「プライムニュース」(フジ系、毎週月~金曜日の午後4時50分から同7時)のメーンキャスターに登坂アナが起用されることが発表されたのはさる16日。

登坂アナの“黒い噂”は知る人ぞ知る話で、NHKと横のつながりがあるフジの報道局員の間では「当初から登坂アナのヘッドハンティングに反対の声が上がっていた」という。関係者は「局内では麿(登坂アナ)のギャラは年間1億円という噂も出回り、反感を買っていた。セクハラ報道が出たことでさらに肩身が狭くなるでしょうね」と話している。

登坂アナは法政大卒業後、1997年にNHKに入局。お公家さまのような風貌に白髪、上品な語り口が特徴で、ネット上では「NHKの麿」といわれた。「正午ニュース」などに出演し、札幌、大阪放送局を経て、鹿児島放送局を最後に今月11日に退職。「新しく挑戦しながら元気の出る放送を温かくお届けしていきます」などとコメントしていた。

「BSフジLIVEプライムニュース」が地上波に昇格する形で、同局が春改編で最も力を注いでいるが、これもいわくつきの番組だ。40代の男性プロデューサーとキャスター・秋元優里アナ(34)が年末年始に、神奈川県内の竹林や堆肥小屋などに止めた車中で密会した“カーセックス疑惑”が週刊文春報道で10日に発覚。秋元アナの番組出演を当面見合わせにしたばかりだった。

https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/896740/

この人がNHK辞めてたのも知らんかったわ…そういう人やったんやね(;・∀・)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット, 芸能