【悲報】とろサーモン、選挙ポスターに続いて地元に建てた1200万円の銅像も撤去されてしまう

とろサーモン写真、県選管が差し替え…苦情続々

宮崎県選挙管理委員会は、知事選(23日投開票)の選挙公報や新聞広告に掲載予定だった宮崎県出身のお笑いコンビ「とろサーモン」の写真を別の写真に差し替えた。メンバーの久保田かずのぶさん(39)が不適切な発言をする動画が、インターネット上で拡散し苦情が寄せられていた。

県選管によると、若者に投票を呼びかけるために「とろサーモン」を起用したが、6日の告示日から、啓発のテレビCMが放映されると、「ふさわしくない」といった苦情が県選管に相次いだ。

県選管は16日掲載予定の新聞広告や選挙公報について、2人の写真を県庁本館の写真に差し替えた。22日掲載予定の新聞広告も差し替えを検討している。

とろサーモンは日本一の若手漫才師を決める「M―1グランプリ」で2017年に優勝した。県は13日、騒動を受け、宮崎市内の物産館に設置していたコンビの像を撤去した。再設置については未定としている。

https://www.yomiuri.co.jp/national/20181213-OYT1T50050.html

 

そりゃ苦情もきて当然。かかった費用は血税なのだからきちんと吉本に補償させるべき。

コメント