止まらない東京一極集中 なぜ若者は大阪・名古屋をスルーしてしまうのか

止まらぬ人口東京圏集中 大都市「ダム」にならず

人口の東京一極集中が止まらない。2018年の転出入で東京圏1都3県の日本人の人口は13万5600人純増した。増加は23年連続で、ここ5年で最大だ。残る43道府県すべてから東京圏に人口が流出している。大都市圏を抱える大阪府や愛知県なども近隣を含む若者を引き留める「人口のダム」の役割を果たせずにいる。

総務省が1月末に発表した18年の住民基本台帳人口移動報告から、東京圏と43道府県との日本人の転出入を分析した。

転入者数から転出者数を引いた「転入超過数」でどの道府県から東京圏に流出が多いのかをみると、最多は大阪府で1万1599人。東京圏の転入超過数の約1割を占めた。愛知、兵庫が続き、1千人以上の流出が36道府県に及んだ。

大阪府から東京圏へは5年連続で1万人以上流出している。現時点の公表データでは年齢別の内訳が分からないが、17年時点では6割近くを20代が占めており、「若者の東京圏流出が深刻」(大阪府企画課)とみる。

大阪大学キャリアセンターによると就職内定者の6割が東京都内に本社を置く企業に就職する。就活が売り手市場となり府内の大学生も「名の知れた大手メーカーや商社に就職する傾向が強まっている」という。地元企業を含め業界研究を十分するよう助言しても「聞く耳を持たない」と担当職員はため息をつく。

大阪府は近畿や中四国を中心に東京圏と愛知、沖縄を除く40道府県から計1万7千人以上を集める。大学入学生が多い。ところが、その7割が卒業後などに東京圏に流出する。府は「大学に入ってくる人をいかに逃さないかが重要だ」とし、19年度は大学1~3年生に府内の中小企業でインターンシップを促すなど流出防止に力を入れる。

愛知県にも東京圏と京都、茨城を除く40道府県から合計1万2千人以上が流入しているが、その8割にあたる1万人弱が東京圏に流出した。県では「雇用情勢が良くなると大卒者が東京の企業に採用され、対策を打っても転出が拡大する」(企画課)と説明する。

東京圏を除く43道府県で他府県から各1千人以上の転入超過があるのは大阪、愛知のほか福岡、宮城の4府県。しかし、いずれも周囲から集めた人口の多くを東京圏に吸い上げられ、人口を留め置く求心力を欠く。

元日銀理事で人口移動に詳しいオフィス金融経済イニシアティブの山本謙三代表は「労働力の不足で東京圏が地方に人を求める傾向は強まっている」と指摘。働き手も好待遇を求め「所得がより高いところに引き寄せられている」と分析する。情報通信や法務会計など平均所得の高いサービス業が東京に集中している影響も大きいとみる。

人口をとどめるための産業育成には時間がかかり、20年に東京圏の転入超過をゼロとする政府目標の達成は「絶望的」と山本氏は断ずる。国も東京23区内の大学の定員増抑制などの手を打つが、人口減が進むなか、東京圏の一人勝ちが際立つ。

■人口移動は3月が2割、受験変化で4月上回る

2018年の人口移動を月別にみると、3月が最も多く全体の2割を占めた。平成元年の1989年は4月が最も多かったが、30年間で徐々に逆転した。リクルート住まいカンパニーの池本洋一SUUMO編集長は「大学受験で早期に合格が決まるAO入試の増加も前倒しの一因」とみる。

18年の都道府県間の移動者数229万人のうち、3月の移動者は46万人と20%。4月の17%より多かった。30年前の89年は移動者数315万人で、4月が20%と3月の18%を上回っていた。

AO入試は面接や小論文などにより評価する入試方法。多様な人材の確保をうたい大学が力を入れる。文部科学省の調査では17年度の大学入学者中、推薦やAOでの合格者は44%。20年前は3割足らずだった。4月の入学前年までに合格が決まる場合が多く、引っ越しにも時間の余裕がある。

新卒採用が売り手市場となった結果、「企業が内定者に配慮し、新入社員が4月前に余裕を持って引っ越しできるようになったこともある」(池本編集長)という。

■子育て世帯は郊外へ、都心の不動産高騰映す

千葉県流山市は保育所への送迎サービスなどで共働きの子育て世帯を呼び込む
子育て世帯に選ばれる自治体は――。0~14歳の年少人口の流入は千葉県流山市など首都圏の郊外で増えている。比較的割安なマンションの開発が進み、初めて住宅を購入する層を呼び込んでいる。一方、東京23区は流出が増え、都心の不動産価格高騰を映した。

2018年の年少人口転入超過数(日本人)が5年前の13年比で最も増えた市区町村は流山市だった。3.8倍の789人で全国順位も42位から2位に急上昇した。

同市はつくばエクスプレス沿線のマンション開発に連動し、「母になるなら、流山市。」のキャッチフレーズで共働きの子育て世帯の誘致を強化。点在する保育所に主要駅から送迎するサービスを設け、保育定員も拡大するなど、保育に重点を置いて支持を広げた。

つくばエクスプレス沿線では千葉県柏市や茨城県つくば市も転入超過数を伸ばした。不動産経済研究所の松田忠司主任研究員はいずれもマンション価格について「若い一次取得者が購入できる価格帯に収まっている」と指摘する。

転入超過数が最多のさいたま市も都心に近い割にマンション価格が安いと人気だ。浦和や大宮が民間の「住みたい街ランキング」でトップ10に入るようになった。

一方、東京23区は年少人口の転出超過数が合計で6313人。5年前よりも2千人拡大した。都心はマンション価格が上昇しており、「一次取得者に手が届きにくくなった」(松田氏)ことが主な要因とみられる。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41632350S9A220C1ML0000/

 

sakamobi
sakamobi

ワイが東京でのサラリーマン時代に地方出身者の同僚からよく聞いたのは「好き好んで東京という訳じゃなく、それなりに条件のいい求人はほとんど東京にしかないから」と言ってたな。

コメント